記事

【パナマ文書の衝撃】

Panama Papersが話題ですね。中身はさんざん出ていますので、別の視点から。International Consortium of Investigative Journalists のGerald RyleやEurasia GroupのIan Bremmer らが登場したラジオ番組(米NPRのOn Point)がおもしろかったのでご紹介します。

画像を見る

IT技術の進展で、これまで隠されていた情報が簡単に拡散できるようになり、強制的に公開されることをforced transparency through technological empowerment とブレマー氏が表現していました。Forcedtransparencyとはうまいですね。

Gerald Ryleは、ICIJの調査報道記者兼ディレクター。 The Guardian, McClatchy newspapers, Fusionなど世界 100を超える報道機関と連携して、取材にあたったそうです。ラジオ番組ではNY Times など大手メディアにも声をかけたものの、承諾を得られなかったと言っています。大手は、何でも独自に取材をしたかったのだろうということを示唆しています。

一方のNY TimesはPanama Papers: Why No Big Splash or Times Participation?(パナマ文書:なぜNY Timesは騒がず、取材に参加していないのか?)を公表。「ICIJから連絡を受けていたが違うテーマだった」と釈明しています。

ICIJは、取材のための組織をこえた情報共有をradical sharingと呼んでいます。チームとして参加したメディアにはすべての情報を共有する一方で、公開にあたっては解禁 (embargo)を順守することだと説明しています。

IT技術の進展でこうした取材方法はさらに増えるだろうと、Gerald Ryleは解説しています。最初にまず政治家などのpublic figureを対象に公表し、このあと芸能関係者ら徐々に公開対象を増やすとしています。

Ian Bremmerの論点はざっくりこんな感じ。

画像を見る

Pentagon Papers, Wiki-leaks, Snowden Fileと、これまでも様々な情報が世に出されてきた。今回の Panama Papersは桁違いに大規模な情報のリークだが、どれも forced transparencyと言える。

公開するつもりのない情報が勝手に公開されたものだ。この背景として考えなければならないのは、広がる格差。アメリカの大統領選挙戦を見ても、多くの国民が格差拡大に不満なのがよく分かる。

今回の文書が出た結果、先進国の政府や個人は倒されるだろう。現にアイスランドで起きた。

一方、独裁国家では、文書が出た結果、多くの人の命がかかっている。多くの貧しい国民から資産を盗む形で私腹を肥やしてきた場合、暗殺されかねない事態だ。こうした情報のために人は死に、人は殺される(this is the kind of information that people die for and kill for)。まさにそうした情報だ。

自分が首脳から一番、寵愛を受けていると思っていたら、そうでないことが今回の文書で赤裸々になってしまったのだ。ある種、革命的なことが始まる

本来は秘匿されると思っていた情報がIT 技術を通じて強制的に公開できる時代になったのだ(an era of forced transparency through technological empowerment) 。

北朝鮮がソニーピクチャーズの電子メールを暴露した時は、ハリウッドでは女性の方が男性より給与が低いということが明らかになった。それだけ。

ところが、Bank Of America といった大手銀行、Exxon Mobileといった巨大なグローバル企業のメールがいっせいに暴露されれば、その銀行/企業を倒産に追いやることだってできる。

つまり、強制公開によって世界は、地政学的にも経済的にもいっそう不安定になる(more geopolitical volatility, more economic volatility)

あわせて読みたい

「パナマ文書」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  9. 9

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。