記事

イエメン情勢(18日)

停滞していたイエメン情勢は、悪化の一途をたどっているようです。

18日付のal jazeerah net の記事は、18日共和国警備隊と中央安全保障局部隊が、抗議のデモ隊に発砲し、少なくとも26名が死亡し、700名が負傷したと報じています。同放送の特派員によると、これら部隊は群衆が解放広場に近づく場合には発砲しろとの命令を、最高レベルから受けていた模様で、またこれら部隊には傭兵(民兵)及び狙撃兵が協力したとのことです。

他方同日付のal qods al arabi net の記事は、サーレハ軍と、部族連合ahmarの部族民が、サナア中心の国防省近辺で戦闘を再開したと報じています。戦闘には小火器のみならず、重火器も使用されているとのことです。

れら現地情勢の他に、18日付のal jazeerah net の別の記事は、サーレハの報道担当秘書官が、報道陣に対して「サーレハだけが正当な大統領であって、サーレハは次の大統領が任命されるまでは、その職にとどまる」と声明したとも報じています。

18日のニュースの要点は以上ですが、どうもこれらを見るに、サーレハはとにかく自分の手で大統領選をやり、息子に大統領を譲るまでは職にとどまり、その間自らに忠誠な軍隊を使って、抗議運動や部族の反対を実力で押しつぶそうとの政策をとっているように思われます。

こうなってみると、先日コメントした通り、サーレハの権力移譲のGCC協定に副大統領が署名する権限を与えるなどという声明が茶番、というか時間稼ぎ外の何物でもないことが痛感されます。

http://www.aljazeera.net/NR/exeres/6442B50A-B94C-477E-B872-10384A219328.htm?GoogleStatID=1
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/9DE2138D-E6CB-45BE-B1A0-0EDC5EABB9DD.htm?GoogleStatID=1
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-09-18-13-07-08.htm

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  7. 7

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  8. 8

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  9. 9

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  10. 10

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。