記事

世界自然遺産のほぼ半数、産業活動により危機的状況に=WWF

[オスロ 6日 ロイター] - 世界自然保護基金(WWF)は、世界自然・複合遺産のほぼ半数が、採鉱や伐採などの産業活動で危機に瀕しているとの調査結果を発表した。

WWFは、遺産登録地で石油・ガスの探査や採鉱、非持続的な伐採、乱獲を自粛するよう求める国連の勧告に従うよう企業に要請した。

WWFと、米コンサルタント会社ダールベルク・グローバル・ディベロップメント・アドバイザーズの調査によると、世界の229の自然・複合遺産のうち114が危機的状況に陥っていることが分かった。

WWFインターナショナルのマルコ・ランベルティーニ事務局長は、ロイターに対して「衝撃的だ」とし「われわれは開発に反対しているのではない。われわれが反対しているのは悪い開発だ」としている。

WWFは危機に瀕している遺産として、オーストラリアのグレートバリアリーフ、ペルーのマチュピチュ、米エバーグレーズ国立公園、エクアドルのガラパゴス諸島、ロシアのカムチャツカ火山群を指摘した。

あわせて読みたい

「世界遺産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  5. 5

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  7. 7

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

  8. 8

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  9. 9

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  10. 10

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。