記事

アルジェリアの外国石油会社に対する脅威

イエメンのアルカイダ(アラビア半島のアルカイダ)の脅威が指摘されていますが、それと同様に危険とされているのが「マグレブ・イスラム諸国のアルカイダ」ですが、15日付のal qods al arabi net の記事は、このアルカイダがアルジェリアで操業する外国石油会社の航空機をsam ミサイルで狙う危険があると報じています。

これは、元はアルジェリアの新聞の報じるところのようですが、マグレブ諸国及びサーヘル諸国にある米大使館に対し、米国安全保障局から電子メールにて警告が入ってきて、そのコピーがこれら外国会社にも配布されたとのことです。

それによると、アルカイダはロシア製の地対空ミサイルsa5及びsa7を多数入手し、これを特に米、英の会社の航空機(賃貸のものも含め)を狙うとのことです。
(確か、このうちsa7はロシア製の有名な肩撃ち式ミサイルで、確かリビアでも多数が行くへ不明になっていると報じられていたかと思いますが、sa5の方は高度・中高度用のミサイルのはずで、何らかの間違いではないかと思いますが、記事のまま)

また、記事によるとアルカイダは油田の破壊を狙っているのではなく、そこで操業している外国会社の人員を狙ったテロを計画しているとのことです。

また、記事は別のソースを引用して、最近アルジェリア当局がリビアからのミサイルその機材の密輸に関係していた外国人と接触した3名を逮捕したと報じています。
なお、記事によれば、アルジェリアでは1992年以降、油田を狙ったテロは生じていないとのことです。

記事の要点は以上ですが、これもやはりリビア情勢の近隣諸国に対する影響でしょうか?

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-09-15-08-15-32.htm

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  9. 9

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  10. 10

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。