記事

アルジェリアの外国石油会社に対する脅威

イエメンのアルカイダ(アラビア半島のアルカイダ)の脅威が指摘されていますが、それと同様に危険とされているのが「マグレブ・イスラム諸国のアルカイダ」ですが、15日付のal qods al arabi net の記事は、このアルカイダがアルジェリアで操業する外国石油会社の航空機をsam ミサイルで狙う危険があると報じています。

これは、元はアルジェリアの新聞の報じるところのようですが、マグレブ諸国及びサーヘル諸国にある米大使館に対し、米国安全保障局から電子メールにて警告が入ってきて、そのコピーがこれら外国会社にも配布されたとのことです。

それによると、アルカイダはロシア製の地対空ミサイルsa5及びsa7を多数入手し、これを特に米、英の会社の航空機(賃貸のものも含め)を狙うとのことです。
(確か、このうちsa7はロシア製の有名な肩撃ち式ミサイルで、確かリビアでも多数が行くへ不明になっていると報じられていたかと思いますが、sa5の方は高度・中高度用のミサイルのはずで、何らかの間違いではないかと思いますが、記事のまま)

また、記事によるとアルカイダは油田の破壊を狙っているのではなく、そこで操業している外国会社の人員を狙ったテロを計画しているとのことです。

また、記事は別のソースを引用して、最近アルジェリア当局がリビアからのミサイルその機材の密輸に関係していた外国人と接触した3名を逮捕したと報じています。
なお、記事によれば、アルジェリアでは1992年以降、油田を狙ったテロは生じていないとのことです。

記事の要点は以上ですが、これもやはりリビア情勢の近隣諸国に対する影響でしょうか?

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-09-15-08-15-32.htm

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  2. 2

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  6. 6

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。