記事

対話アプリ「ワッツアップ」、暗号化設定を強化

[ワシントン 5日 ロイター] - 米フェイスブックは5日、10億人を超える利用者を抱える傘下<FB.O>のワッツアップ(WhatsApp)のメッセージングサービスについて、デフォルト(初期設定)の暗号化を強化したと発表した。今後は全てのメッセージに関して送信者と受信者のみがメッセージにアクセスできるようになる。

法執行機関がデジタル通信にどこまでアクセスできるのか国際的な議論が高まっており、スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」のロック解除をめぐる米アップルと連邦捜査局(FBI)の対立が注目を浴びる中での新たな動きとなった。

ワッツアップは対話アプリで通信を行う2者間のいわゆるエンド・ツー・エンド通信の完全な暗号化について、非営利組織のオープン・ウィスパー・システムが提供するソフトウエアの支援を得て、約2年前から開発への取り組みを始めた。対話アプリについては、2014年にテキストのみのメッセージを対象に初期設定からエンド・ツー・エンド通信の暗号化を実施しているが、グループチャットのほか写真や動画を含む通信は完全に暗号化していなかった。

5日時点でワッツアップのメッセージはエンド・ツー・エンド通信のすべてに暗号化が施されており、仮に法執行機関の求めがあっても、同社は顧客のメッセージを読むことはできないとしている。

ワッツアップはブログへの投稿で「考え方はシンプルだ。メッセージを送る際、それを読むことができるのはメッセージを送った相手だけだ。誰もメッセージの内側を見ることはできない。サイバー犯罪者も、ハッカーも、圧政的な政府、われわれですら不可能だ」と説明している。

米司法省はコメントを控えている。FBIはコメント要請に対し回答がなかった。

※英文参照番号[nL2N178148](契約の内容によっては英文がご覧いただけない場合もあります)

あわせて読みたい

「WhatsApp」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。