記事

2016.04.04

■4月某日 もう4月だ。テレビでは桜満開のニュースばかり。桜が咲かない沖縄は門外漢みたいなものだ。もっとも沖縄でも1月には日本一早い桜が咲く。ワシントンでは、日本が送った桜が満開になる。桜を育てるのは難しいかもしれないが・沖縄にも桜を移植したらどうだろうか。桜の生育は難しいとしても、技術的には可能ではないのだろうか。桜が咲くようになれば、本土と沖縄の地域差もいくらか解消できるのではないか。専門家の皆様にはぜひ、研究を進めてもらいたいものだ。。

 知り合いの人たちから最近ブログの更新が少ないとの指摘を受ける。体調が悪いのではないかと心配いただくこともある。体調は問題ない。サボっているだけのことである。申し訳ない。昨年から個人的には忙しい。ベトナムやフィリピンにも旅行に出たし、今年は早々鹿児島大学にシンポジウムで出張した。その後は青色申告の申請書にかかりきりだった。これが。大変大仕事なのだ。理由を並べ立てても、さぼっていたことに変わりない。ブログをやっている以上、そんなことが許されるわけがない。反省である。ブログを更新しなくてもニュースがないわけではない。ありすぎるくらいだが、書く意欲がわきにくいという事はある。安倍総理の独裁的政治の手法を見ていると、、意欲がそがれるということはある。しかし、それでは、安倍総理が助長するだけである。気を散り直して書き続けるしかない。

 沖縄といえば、辺野古新基地だが、政府と沖縄県が和解の方向で進めている。和解がうまく行くかどうかは厳しい状況だ。シビアな見方をすれば、安倍官邸の勝利は既定方針とも見方も強い。安倍官邸と県では、人脈も力関係も雲泥の差があるという見方だ。分かり易く言えば、国と一自治体の戦いみたいなものだ。そんな中、芥川賞作家の目取真俊さんが、第11管区海上保安庁本部に刑事特別法で逮捕され、那覇地検に送致された。目取真さんは8時間こうそくされた後、処分保留で釈放された。目取真さんは辺野古新基地反対でカヌーに乗り抗議行動を行っていた。この抗議行動は長期にわたっており、目取真さんが狙い撃ちされた可能性は強い。米国からもせっつかれている安倍政権としてのあせりもあったのではないか。

 それはともかく、大統領選挙を進める米国のトランプ候補も米軍は日本や韓国から撤退を叫んでいる。日本がどれだけ米軍の駐留経費をふたんしているか、トランプ氏は理解しているのだろうか。知らないとすれば、無知すぎる。沖縄としてはトランプ氏が当選して、ぜひ沖縄からの撤退を実現してほしいものである。安倍政権もオタオタしているのではないか。こんな米国とは早々縁を切った方が間違いなく日本の将来のためではないのか。

 沖縄では県議選、参議院補欠選に続いて、衆参同時選挙があるかもしれない。消費税のズ税も見送りになる可能性もある。安倍政権もそろそろ一から出直す時期ではないのか。

あわせて読みたい

「沖縄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  3. 3

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  4. 4

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  6. 6

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  7. 7

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  8. 8

    原発なくとも東電の電力は余裕

    かさこ

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。