記事

若者ほど、「不倫」や反体制を責める

■若者は意外に「読んで」いる

不登校や貧困ハイティーン支援をしていると、LINEを中心としたSNSの話題が常に出てくる。

また、若者が接するニュースはほぼネットを通して獲得する時代になったため、常時スマホの画面を見つめる若者たちは、世間のニュースに意外と明るい。

若者は本も新聞も読まない。が、スマホを通したメディア・ニュースには日々接しているため、意外に文字は読んでいる。

一昔であれば、本や新聞を読まない若者は文字そのものに接することはなかった。

が、現代の若者(ハイティーンや20代前半の人々)は、本も新聞も読まないものの、ネットを通して文字情報とは接している。

ネットでのマンガや雑誌購入は別途料金が発することが多いため、それら文字情報は無料のメディア情報であったり、SNS(LINEやTwitter)を通しての口コミ情報だったりする。

また、いまの若者は、検索はグーグルと同じくらいの頻度でTwitterを活用する(「wwwは何の略」9割不正解、検索はSNSで…若者ネット事情)。

それだけ従来のメディアの信用度は堕ちており、メディアとSNSをバランスよく利用してそれが「情報」となるという、よく考えればごく真っ当な「情報観」を抱いている。

■「不倫が悪」の意味

「情報」観はシビアで真っ当なものの、その情報を下支えする「規範」に疑いを抱くことは少なくなっているようにも、僕には思える。

たとえば、昨今芸能ニュースを賑わせる「不倫」情報などに対しても、不倫が悪いということをそれほど疑うことはないようだ。

不倫は、倫理に反するといういう意味だから、時の倫理観が「浮気もたいしたことない」というものであれば、悪いことではない。

逆に、ロマンティクラブ・イデオロギー(男女の二項対立に基づく伝統的恋愛観や恋愛行為を支える思想)に裏打ちされた異性愛とその制度化(結婚)を疑わないという姿勢を受け入れていれば、不倫が不倫として悪いものになる。

不倫とはそれだけ相対的なものであり、タレントの石田純一さんが「不倫は文化」と言った背景には、こうした相対主義を前提とした感覚もあるだろう。

当然、時の倫理を踏みにじってしまうと傷つく人々がおり、世間はそうした傷ついた人々(たとえばオトタケ氏妻やゲス極エノン氏の妻)の味方をする。

「世間」の人々の個別体験の中では不倫も実際に行なっている人がいるかもしれないが、世間の倫理に従って「不倫=悪」といっていれば無難なので、個別体験や個人的倫理観は秘密にして、世間の常識に乗って行く。

その、世間の常識に乗り、そうした常識を伝播していく時に役立つのが、日本人のほぼ全員が持つ携帯でありスマホなのだ。

■ネトウヨが若者に多い理由

一方、マニアックな書籍や映画などは、こうした規範を問う。

別に哲学本でなくとも、ちょっと考えれば我々の社会は窮屈な規範に満ち満ちており(たとえば「学校に行かなければいけない」「仕事をしなければいけない」「結婚しなければいけない」等)、それら目に見えない規範からはみ出る人は社会から攻撃される(不登校やニート)。

だからこそ我々は攻撃されないために社会規範を守るのであるが、諸事情があってそうした社会規範からズレることもある。

そうしたズレた人々を守る武器として使われるのが、マスメディアには乗らないない文字情報であり、その文字情報代表が今のところはまだまだ「本」なのだ(あるいは2ちゃんねる等のネットなのだが、そこでは規範からズレた人を「守る」よりは「責める」人のほうが多いため、危険な場として今のところ作用する)。

また、ロック・ミュージックや単館系の映画作品もそこには含まれるだろう。

いわゆる「サブ・カルチャー」が存在する意味は主としてそこにある。サブとは、メインの社会規範とは別の価値が存在しますよ、という意味での「サブ」だ。

が、世間は(特に若者は)本を読まない。また、マニアックなサブ・カルチャーに接する機会が少ない。その結果として多様な価値(不倫は別に悪くない、学校なんて行かなくてもいい等)を知らず、社会規範を自明なものとして受け入れる。

言い換えると、現代の若者は、スマホの普及により社会規範を相対化できず、当たり前を当たり前として受け入れる。

社会規範のあやふやさを問うロック・ミュージックや小説や映画に接することなく、「不倫はダメだろ!!」という常識を受け入れている。

皮肉なことに、「若者はロックに向かう」という時代はSNSやネットがない時代だからこそ成立した事象であり、スマホの普及により常識や規範を前提化するSNS時代においては、ロックは若者を中心に消費する文化ではなくなった。

若者ほど、「不倫」や反体制を責める時代なのだ。ネトウヨが若者に多いのも納得できる。★

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「若者論」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  2. 2

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  3. 3

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  6. 6

    「いじられるのが上手い人しか生き残れない」は昔の話? ケンコバが感じた「第七世代」への“違和感”と“現実” 『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』より #2 - ラリー遠田

    文春オンライン

    04月13日 10:05

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  10. 10

    カンニング竹山の小池都政批判発言ミスはテレビの「YouTube化」が招いたか

    渡邉裕二

    04月13日 11:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。