記事

乙武さんの話 不倫より大きな悩み

そもそも乙武氏のキャリアは、そのギャップから始まっていた。

五体は不満足でも精神は健全でポジティブというギャップがウケた。

 そのポジティブさを伸ばしてスポーツライター、教師、教育委員へとキャリアを作った。社会は乙武氏に、マイナスの身体と、ポジティブな精神というラベルを与え、その乙武“クン”は、印税報酬と社会進出の機会を得た。その強固なラベルの払拭は難しい。氏はアラフォーでも“クン”付けだ。

 そして今度は、爽やかで健全だが、不倫という不健全という新たなギャップが報道価値となった。もともとダークなイメージがあるタレントは不倫していたとしても(報道)価値がない。ベッキーや国会議員も健全なイメージやそうあるべき人の不倫だから意味がある。

 きっと乙武氏は昔から何も変わってない。氏の周りの人ならその人となりを理解しているから、さもありなんということだろう。蛇足だが当時、氏の早稲田の同級生にあたるわが妹は、ダブルデートのあと、彼は手がないのに手が早い、というブラックジョークを飛ばして家族に苦笑いを提供していた記憶がある。本当かどうかは定かではない。どうでもいい私自分の告白すると、大学時代の黒歴史に、合コンに行ったら実の妹がいた、という気まずい想い出がある。

 さて、人はみな人生の大きな矛盾を抱えているものだ。乙武氏の場合は、本当の自分に対する明確な自信や自己肯定感をもちながら、社会からは、本当の自分とそうでない自分のギャップこそが求められているという矛盾構造にある。それは不倫よりきっと重いテーマだ。

 氏のオープンな性格や精神性、明晰さ、伝える才能など氏の本体に近い部分を直接の価値として訴求することはいまのままでは難しいがこのパラダイムを抜け出す方法はないわけではない。たとえば最新医療技術とロボティクスによって、五体不満足を克服した上で、あらためて全くの健常者の活動家としてデビューする道である。名実共に五体満足になり、そこからイメージでなく、本質価値を訴求する。それは先端医療技術のブランディングにもつながり、彼が言うオリンピックとパラリンピックの統合にもつながるかもしれない。

 人は皆、なにかしらの本質的な矛盾構造を抱えて生きている。そしてそれが解くべき人生のテーマとなっている。人一倍さみしがりやなのに1人でいたい、本当は愛されたいのにお金をもとめてしまうといったように。

 乙武氏が、彼がいう障碍者という“おいしい”ラベルをうちすてて素で活躍できる日を祈っています。余計なお世話かな(^_^;)

あわせて読みたい

「乙武洋匡」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。