記事

トランプ発言と核武装

1/2

先日、読者から「トランプ氏の言を俟つまでもなく、独自の核抑止、米軍の撤退も含めた防衛のあり方を真剣に議論すべきだと思いますが、今の日本では無理なのでしょうか」というコメントが届いた。


まずトランプ候補の発言についてだが、3月6日の産経によれば≪【米大統領選】トランプ候補の止まらぬトンデモ安保論…「日韓の独自の核保有いとわず」「在日米軍撤退を」≫の中で「米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は26日、大統領選の共和党候補指名争いで首位を走るドナルド・トランプ氏(69)のインタビューを掲載。同氏は大統領に就任した場合、日本と韓国の核兵器保有を容認し、在日、在韓米軍を撤退させ、日米安保条約について再交渉する用意があるとの考えを示した」とするものの中で、

≪日米安保条約についてトランプ氏は「片務的な取り決めだ。また米国には巨額の資金を日本の防衛に費やす余裕はない。(日本の駐留経費負担は)実際のコストよりはるかに少ない」と述べ、日米安保条約の再改定も視野にあることを明らかにした≫とし、≪さらに、日本と韓国が駐留経費の負担を大幅に増やさなければ「喜んでではないが、米軍を撤退させることをいとわない」と明言。日韓が北朝鮮と中国から自国を防衛するために、核兵器を独自に保有することを否定しないとした≫
と伝えられた。


記事にもあるように、トランプ氏の発言の根拠には「米国の国益第一」があり、「米国は国際社会の平和と安定に、カネも軍事力も費やすべきではなく、余剰資金を国内経済に投下しよう」という内向けの選挙民向けの発言から「米軍撤退や、日韓の核兵器保有容認論」が出てきたとみるべきだろう。

米国は第2次世界大戦以降、世界の警察官となって“自主的”に国際的安定を求めてきたが、戦勝国でありながら、敗戦国の風下に並ぶのは許せない!という米国民の“貧困層”の不満に配慮したものだといえる。つまり巨大な格差社会出現に対する不満である。

しかし、金の切れ目は縁の切れ目。国民を無視して世界の「超大国」としての義務と責任を果たすという道を突き進む姿勢に、自国民が納得できなくなったのだ。

そこで彼らの支持を得て当選したオバマ氏は「世界の警察官」という役割を放棄したのだろうが、逆に米国の国際的信用度は相対的に低下したので、更に不満は高まった。

そこでこれらの状況をつかんだトランプ氏の登場になったのだろうが、あくまでも“選挙戦”という魔物の影響力を無視すべきではなかろう。

特に、戦後とっぷりとぬるま湯につかって“享楽”を楽しんでいる敗戦国・日本に対する米国民の不満は大きいのだ、と理解すべきだと思う。


湾岸戦争開始時、私は三沢基地司令だったが、各指揮官(家族を含む)の日本政府の態度に対するあからさまな不満は、いたく身に染みたものであった。

その後、沖縄勤務を経験したが、ここでも沖縄県民による“反米活動”に彼らは一様に“うんざり”していた。「同盟国なのに出て行けとは何事か!」というのである。特に下士官・兵とその家族に多かった。

次の漫画が当時の米国民の感情を良く表していると思ったものである。

[画像をブログで見る]
≪当時、米国の新聞に掲載された漫画。これが中流以下の米国民の本音だろう≫


今朝の産経には「候補指名、共和・民主両党で大逆転なるか」という記事が出た。

≪米大統領選の候補者指名をめぐる争いが熱を帯びてきた。予備選挙で民主党はクリントン前国務長官とサンダース上院議員の競り合い。共和党は不動産王トランプ氏がリードしている。11月の選挙で第45代大統領に選ばれるのは誰なのか。

米大統領選の候補指名争いは共和、民主両党ともに、2月1日の初戦アイオワ州党員集会から約2カ月を経ても指名獲得に必要な代議員の過半数を得た候補がいない異例の展開をみせている。先行する共和党の不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)への指名を阻止しようとする下位候補に一発逆転の秘策はあるのか。「ウルトラC」の可能性を探った…≫


政治には金がかかる。何処の国でもほぼ大差はないが、特に米国の政治家は「金で動く」のを常とする。選挙資金の調達だが、もちろんこれには出資者が「見返り」をあてにしている。

クリントン候補のバックには、経済の本拠地・ウォール街が利権目当てについていて、今回も18800万ドルの大口献金があるという。一部には、シナの資金も流入しているらしいというから、当選した暁には、“彼”は彼女に何を求める気か?


しかし今回は面白い。トランプ候補は“自前”の資金2730万ドルで戦っていて、いわば大企業のひも付きではないからだ。

彼は企業家として「政治家は金のためなら何でもする」ことを熟知しているから、支持者はそれに期待していると言われている。

そう、一部出資者が得するダーティな政治家とそれを生み出すシステム・金のかかる選挙に飽き飽きしているのだ。

他方、クリントン候補に猛追している社会主義者のサンダース候補は、一般国民から上限27ドルの草の根献金で賄っているという。


あわせて読みたい

「核武装論」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  6. 6

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  9. 9

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。