記事

トランプ氏の日本自主防衛発言で注目すべき二つの視点

トランプ氏の日本の自主防衛論、そしてその先にある核武装容認論発言が続いている。今や大統領選挙の有力候補となった彼がこうした発言を繰り返す背景には、いくつか我々が注目すべき点があるように思う。

第一に、米国の外交安全保障上の関心の優先順位だ。当然にして、わが国の外交安全保障上の最大の関心はアジア太平洋にある。米国の関係者との間で、北朝鮮、中国についての議論を交わす中で、時に彼らとの間でズレを感じることがある。米国にとっての関心の地域は、第一にロシア、第二に中東にあり、アジア太平洋に対する関心は必ずしも高くないのだ。トランプ氏には有力な外交ブレーンがいないと言われている。トランプ氏の日本の自主防衛論についての発言は周到に準備されたものだとは思えない。米国民のアジア、日本に対する関心の薄さが、トランプ氏の発言につながっている可能性が高い。

第二に、日本の自主防衛論、そしてその先にある核武装容認論発言について、米国内の世論でも一定程度の支持がある可能性がある。我々が接するワシントンの外交防衛の関係者の中で、この手の主張をする人に出会うことはほとんどないので、この点は、私自身も米国の世論を若干見誤っていたところがあるかも知れない。

自主防衛論の観点からトランプ氏の発言を評価する向きがある。我が国内でも核武装論を唱える人が時々いるが、私はその選択肢は国益上もないと考えている。一方、軍縮の観点から在日米軍撤退を歓迎する声もあるかも知れない。在日米軍撤退後、矛の機能を持たない自衛隊のみでわが国の安全を守れるほど、東アジアの安全保障環境は生易しいものではない。

米国にとっての日米同盟のメリットを我々も明確に意識すべき時代に入ったということだ。アジア太平洋の安定は、経済的にも安全保障面からも米国の国益に直結する。米国のプレゼンスの急激な低下は、その安定を損ねることは明らか。

沖縄、地位協定など、同盟のあり方については、米国にしっかりわが国としての主張をすべきだ。一方で、米国が日本をパートナーとするメリットにつても、我々自身がしっかりと意識しなければならない。東シナ海、シーレーンでの日米協力。衛星などを活用したインテリジェンス。対中国外交における日米連携。いずれは朝鮮半島の統一が両国の安全保障上の最重要課題となりえる。

日米同盟は、戦後最大の外交資産だ。それは、日本だけではなく米国にとっても同様。そのことを両国が共有する機会と捉えるべきだ。トランプシフトが遅れたのは、仕方がない。最強の外交官集団が投入されている在米日本大使館の真価が問われるのは、これからだ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  7. 7

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  8. 8

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。