記事

一触即発の朝鮮半島(上)止まらぬ「チキンゲーム」 - 平井久志

1/2

北朝鮮は1月6日に4回目の核実験、2月7日に事実上の長距離弾道ミサイルである人工衛星を打ち上げたが、その後も金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の挑発・暴走が止まらない。北朝鮮は300ミリ多連装砲、スカッドミサイル、ノドンミサイルなどの発射を繰り返し、韓国の青瓦台(大統領官邸)や政府機関を攻撃すると威嚇している。また、韓国政府も、これに対して強硬路線で対応している。米韓両国も先制攻撃や最高指導者を除去する「斬首作戦」を隠さず、最新鋭装備を動員して史上最大規模の合同軍事演習を実施している。

 南北間では、これまであった軍事当局者間の通信ラインや板門店の連絡ルートも断絶したままだ。韓国軍は北朝鮮の軍事挑発があった場合は「3倍返し」をするとの方針を示しており、偶発的な軍事衝突が起きれば、それがどのように展開するか予想のつかない状況だ。さらに、韓国は4月13日の国会議員選挙に向け、国内は選挙政局になっており、南北間の緊張激化に気を遣う余裕はない。朴槿恵(パク・クネ)政権は緊張を高めて与党有利の状況をつくろうとしているようにも見える。

 30歳を過ぎたばかりで経験不足の金正恩第1書記の対応が予測不能なだけに、この緊張状況が無事緩和されるのかどうか不透明だ。北朝鮮の核・ミサイル問題の現状とチキンゲームのようになっている朝鮮半島情勢を検証する。

エスカレートする金正恩第1書記の発言

「今日の極端な状況の下で、わが民族の自主権と生存権を守るための唯一の方途は今後も、核戦力を質量共により強化して力の均衡を取ることだけである」「国家防衛のために実戦配備した核弾頭を任意の瞬間に発射できるように恒常的に準備しなければならない」(3月4日付「労働新聞」「敬愛する金正恩同志が新型大口径放射砲試験射撃を現地指導」)

「核戦力を質量共に磐石のごとく打ち固めるのがわが祖国の領土に浴びせかけられる核戦争の惨禍を防ぐことのできる最も正当かつ頼もしい道だ」「核先制打撃権は決して米国の独占物ではないとし、米帝がわれわれの自主権と生存権を、核をもって奪おうとする時には躊躇することなく、核をもって先に痛打を加える」(3月9日付「労働新聞」「敬愛する金正恩同志が核兵器研究部門の科学者・技術者たちと会い、核兵器兵器化事業を現地指導」)

「敵が目の前でいかなる危険極まりない火遊びをしても決して眉一つ動かさないわれわれだが、神聖なわが祖国の一木一草に少しでも手出しするなら、核手段を含むすべての軍事的打撃手段に即時の攻撃命令を下し、朴槿恵政権とかいらい軍部ゴロの群れに生存不可能な殲滅的火の洗礼を浴びせかけるであろう」(3月11日付「労働新聞」「敬愛する金正恩同志が朝鮮人民軍戦略軍の弾頭ロケット発射訓練をご覧になった」)

「核攻撃能力の信頼性をより高めるために、早いうちに核弾頭の爆発試験と核弾頭装着可能な数種類の弾道ロケットの試射を断行する」「当該部門ではこのための事前準備を抜かりなくすること」(3月15日付「労働新聞」「主体的国防科学技術の新たな先端成果、弾頭ロケット大気圏再投入環境模擬試験に成功・敬愛する金正恩同志が弾頭ロケット大気圏再突入環境模擬試験を指導された」)

「勇敢な前線砲兵たちが目標を容赦なく打撃するのを見て、胸がすっとするように本当に上手に撃つ。打撃がとても正確だ」「いったん、攻撃命令が下されれば敵が巣くっている悪の巣窟であるソウル市内の反動統治機関を無慈悲に打撃しながら進軍して、祖国統一の歴史的偉業を成し遂げなければならない」(3月25日付労働新聞「敬愛する金正恩同志が青瓦台とソウル市内の反動統治機関を撃滅、掃討するための朝鮮人民軍前線大連合部隊の長距離砲兵大集中火力打撃演習を指導された」)

 これらは3月に入っての金正恩第1書記の核やミサイルなどに関する発言だ。「実戦配備した核兵器の恒常的な発射準備」→「核兵器による先制攻撃の用意」→「核手段を含む軍事的打撃の用意」→「早期の核実験と多様なミサイル発射」→「ソウル市内の反動統治機関を無慈悲に打撃し、祖国統一の歴史的偉業達成」とエスカレートしている。

米韓合同軍事演習の「変質」

 この3月に入っての朝鮮半島をめぐる動きは尋常ではない。どこかで歯車がひとつ狂えば、南北の軍事衝突に発展してもおかしくない危険な状況が次々に演じられている。北朝鮮の挑発を「想定の範囲内」と訳知り顔で解説するにはあまりに危険な状況だ。

 北朝鮮の挑発・暴走路線はもちろんだが、米韓合同軍事演習の質的な変化にも注目せざるを得ない。米韓両国は米韓合同軍事演習「チームスピリット」(1976年から91年まで実施されたが92年に南北基本合意書の採択などで中断、93年に復活したが94年に再び中断)時代は、この訓練は定期訓練で、どこまでも防衛のための訓練としてきた。しかし、今年の米韓合同軍事演習は明確に質的に転換したものだった。今回の演習は米韓両国が昨年策定した「作戦計画5015」が反映された訓練だ。

 米韓両国は昨年6月に「作戦計画5015」に署名した。米韓両国当局はこの内容を明らかにすることは避けているが、韓国メディアによると、北朝鮮の核・ミサイル・化学兵器などの大量殺傷兵器の除去に力点が置かれた作戦計画とされる。これが韓国メディアに報道されると、米韓連合軍司令官は情報が漏れ報道された経緯を調査するよう韓国側に要請した。韓国国防部は国会の国防委員会で国会議員から「作戦計画5015」について説明するよう求められたが、これを拒否した。

 しかし、韓民求(ハン・ミング)国防相とカーター国防長官は昨年11月2日の第47回米韓定例安保協議(SCM)で共同声明を発表し、米韓両国は北朝鮮の核・ミサイル・化学兵器への4D作戦を承認した。「4D作戦」とは「Detect」(探知)、「Disrupt」(攪乱)、「Destroy」(破壊)、「Defense」(防御)だった。そして、この「4D作戦」は「作戦計画5015」に反映されているとされた。

 今年の米韓合同演習は、北朝鮮が核やミサイル、化学兵器などを使用する兆候が確認されれば、先制攻撃や北朝鮮への進攻、4D作戦を実践に移す訓練もなされているという。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  8. 8

    中国シノバックワクチン、有効だが副反応データ不足=WHO諮問委

    ロイター

    05月06日 11:50

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    緊急事態宣言は延長へ。追加の財政出動が必要不可欠、「児童手当」増額も有効な一手か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月06日 08:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。