記事

なぜハウステンボスは「万年赤字」から復活できたのか? - 弘兼憲史

2/2

「海賊船」には100万人、「光の王国」は世界一に

澤田が社長に就任してから3カ月後の2010年7月には、人気コミック『ワンピース』のアトラクションを誘致。さらに11年4月には作品に登場する海賊船「サウザンド・サニー号」を再現して話題を集めた。この船は本物で、航海も可能。3年間で100万人以上が乗船する人気アトラクションとなった。現在はハウステンボスから、姉妹施設である愛知県蒲郡市のラグーナテンボスに“出航中”である。

画像を見る
(上)人気を集めた『ワンピース』の海賊船。(下)雨が多い長崎ならではの「アンブレラストリート」。(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

【弘兼】ハウステンボスの復活を知ったのは、10年の冬に見た「日本一のイルミネーションを開催中」というニュースでした。これは行ってみなくちゃいけないな、と思いました。

【澤田】テーマパークにとって冬の集客は課題のひとつです。気温は低く、日も短い。寒くて、暗いわけです。だったら、暖かくて、明るいイベントをやれないか、と考えました。そこで探してみると、フランス・リヨンでは12月に「光の祭典」というイベントがある。4日間にわたり街全体がライトアップされ、世界中から400万人もの観光客が訪れるんです。これだと思いました。

【弘兼】まさに逆転の発想ですね。

【澤田】日本一の700万球から始めて、去年は1100万球超で世界一のイルミネーションになりました。普通は春休みの3月と夏休みの8月が入場者数のピークですが、いまでは12月の入場者数が最も多い。我々は「光の王国」と呼んでいます。

【弘兼】いまの時期は園内の至る所で花が咲いていますね。とりわけ、さきほどご案内いただいたバラ園は素晴らしい。これも日本一ですね。

【澤田】1500品種で、「111万本のバラ祭」と銘打っています。

【弘兼】しかし、このバラ園をアウトレットモールにする計画があったと聞きました。本当ですか?

【澤田】本当です。バラ園はあったのですが、ほとんどお客さんがいなかった。それなのに年間に何億円も経費がかかる。「バラ園を潰して、日本一のアウトレットモールにしよう」と言っていました。

【弘兼】なぜ心変わりを?

【澤田】春になって、一斉にバラが咲き出すと、すごく見応えがある。これを潰すのはもったいない。それまで「ボタニカル・ガーデン」という名前だったんです。私は「そんなぼた餅みたいな名前はダメだ」と名前を変えさせました。それが「100万本のバラ祭」です。今年はさらに増えて111万本になりました。

【弘兼】「日本一のバラの街」というキャッチコピーもわかりやすいですね。園内のホテルにもバラが飾られていて、ロビーはバラの香りに包まれていました。季節感がありますね。

【澤田】ハウステンボスは「花の王国」も名乗っています。3月はチューリップ、4月は桜、5月はバラ、6月はアジサイ、7月はユリと常に花が咲いているように工夫しています。

入場者の9割は日本人、海外は「ゆっくり増やす」

【弘兼】澤田さんが社長になるまで、ハウステンボスは万年赤字でした。社内の空気は悪かったのでは?

【澤田】ひとことで言えば、誰も「勝ち戦」を知らない。開業からずっと赤字。給料は下がることはあっても、上がることはない。この10年、ボーナスも出ていない。雰囲気は暗いし、自信もない。ここは黒字にならないし、お客さんも増えない。そんなあきらめが充満していました。

【弘兼】どうやって従業員の意識を変えていったのですか。

リンク先を見る
グラフを拡大
ハウステンボスの業績はV字回復

【澤田】最初に全員を集めて、3つだけお願いしました。1つ目は「嘘でもいいから、明るく元気にやってくれ」。接客業ですから、これは当然ですね。2つ目は「みんなで掃除をしよう」。業績が伸びている企業は、どこも掃除が行き届いています。園内はもちろん、バックヤードも整える。朝の10分だけでも掃除をしよう。僕もやるから、と。

【弘兼】なるほど。まずは「隗より始めよ」ということですね。

【澤田】僕がやると言っても、ちょっとだけですけどね(笑)。

【弘兼】それでも社長が掃除をしていたら、従業員も動かざるをえません。

【澤田】3つ目は、「経費を2割減らし、売り上げを2割増やそう」。この3つが実現できれば、ボーナスを出します、と約束しました。幸い、翌年からきちんとボーナスを支給できるようになりました。

【弘兼】従業員に劇的な変化を求めたわけではないのですね。

【澤田】ハウステンボスは大きな会社です。そこには文化もある。従業員の愛着も強い。一気に変えてしまうとグチャグチャになってしまう。3~4年をかけてじわじわと変えるつもりで取り組みましたね。

【弘兼】日本への外国人観光客が急増していますね。14年は1341万人と過去最多。政府は20年までに2000万人に増やす目標を掲げています。私は、これからの日本は「観光立国」を目指すべきだと考えています。外国人観光客もかなり増えているのではないですか。

【澤田】ハウステンボスでは外国人観光客は入場者の約1割です。台湾、韓国、中国、タイ。うちでもじわじわと増えていますね。逆に、まだ多言語での対応ができないので、積極的な呼び込みは抑えています。

【弘兼】確かにサービスが中途半端になれば、満足してもらえませんね。

【澤田】外国からのゲストが一気に増えると、園内の雰囲気も変わってしまう。一気にではなく、ゆっくり増やしていこうとしています。

ロボットが接客する「スマートホテル」とは

2015年7月、ハウステンボスにロボットが接客する「スマートホテル」が開業。全144室(このうち72室は16年開業)に対して人間のスタッフは10人前後で、ポーターや清掃はロボットが行う。ルームキーはなく、部屋には顔認証システムで出入りする。人件費や光熱費の効率化を図り、「世界一生産性の高いホテル」を目指すという。

画像を見る
(上)愛知県蒲郡市の姉妹施設「ラグーナテンボス」。2014年よりHISが経営を引き継いだ。(下)ハウステンボスで建設中のスマートホテル(取材当時)。各地での展開を狙う。

【弘兼】フロントは無人で、ロボットが接客するホテル。斬新ですね。

【澤田】計画を立てたのは2年ほど前。ロボットを使ったホテルを造ろうとしたのではなく、世界一生産性の高いホテルを造ろうと思ったのです。変わり続けるホテルという意味で「変なホテル」と名付けました。接客だけでなく、コンテナ型の建物を採用することで、建設コストも抑えています。園内のホテルはテスト段階。このビジネスモデルを各地に広げたいと考えています。

【弘兼】ホテルで働くロボットも自社で開発されているのですか?

【澤田】そうです。ロボットメーカーと協力して開発しています。話題のドローンの研究もしているんですよ。

【弘兼】あの空を飛ぶロボット?

【澤田】ここはモナコ公国と同じぐらいの広さのある私有地なんです。だからドローンも自由に飛ばせる。僕は運転免許を持っていませんが、敷地内では電気自動車に乗っています。いろいろな実験が自由にできる。植物工場の実験も進めています。

【弘兼】「農業」は間違いなく、これからの成長産業のひとつですよね。以前、オランダで最新の植物工場を見学しましたが、コンピュータ制御されたガラス温室での収穫量は、露地栽培とは比較になりません。

【澤田】そうですね。将来的には、ドローンで発育状況の確認や果実の収穫もできるようになると思います。いまはまだ構想段階ですが、ここなら世界一の生産性の高い植物工場が実現できると思いますよ。

【弘兼】15年5月には、スマートホテルと同時期に、「健康」をテーマにしたレストランも開業したそうですね。小型の植物工場で作った野菜を提供するとうかがいました。実験が着々と進んでいるというわけですね。

【澤田】ここにはホテル、レストラン、店舗、住宅など都市機能のほとんどが揃っているんです。だからおもしろい。ここが「石炭」ではなく、「ダイヤモンド」だと思うようになったのも、その価値に気付いたからなんです。どうして、こんなに素晴らしいところに誰も手を出さなかったのか。いまではそんなふうに思っているんですよ。

弘兼憲史の着眼点

▼一方的な「こだわり」より、利用者目線の「世界一」を

澤田さんはぼくよりも4つ年下です。経歴を拝見して驚いたのが、大阪の高校を卒業後、ドイツの大学に留学していること。当時のぼくにはドイツに留学するという選択肢は、まったく考えつきませんでした。当時から、澤田さんの発想は常人の枠を超えています。

頭に浮かんだのは、上方商人という言葉でした。古くから商業が盛んな大阪は、合理主義の街です。形式やプライドは二の次。どうすれば儲かるか。そんな実利が重んじられてきました。

風車や運河、石畳など、ハウステンボスの街並みは本格的です。ただしそれは「過剰投資」だったのでしょう。園内に「パレス ハウステンボス」という建物があります。17世紀に建てられたオランダ王室の宮殿を、忠実に再現したものです。竣工にあたっては、外壁のレンガの目地幅が、本国の宮殿より2ミリほど広かったことから、4000万円をかけて再工事をしたそうです。本物を追求するという姿勢は評価できますが、そうしたこだわりは、集客につながるものでなければ、結局は無駄なコストになってしまいます。

画像を見る
弘兼「仕事に夢中になれるのはなぜですか?」 澤田「自分が楽しいことをどんどんやることですね。その結果、スタッフも楽しくなりますし、お客さんも楽しくなる」

テーマパークとはなにか。それは「非日常」を演出する場所です。だから「世界で唯一」「日本で初めて」といったものに人が集まる。ハウステンボスは「オランダ」や「ヨーロッパ」にこだわってきましたが、そこにこだわりをもつお客さんは、おそらく少数だったのではないでしょうか。

澤田さんが社長となってからのハウステンボスには何でもあります。漫画やアニメのイベント、韓流スターの特設シアター、宝塚OGによる歌劇ショー、温泉施設におばけ屋敷まで。どうすれば儲かるか。澤田さんの合理的でずば抜けた発想がうかがえます。

▼これからの「澤田王国」は新規ビジネスの実験場に

澤田さんが「ハウステンボスはモナコ公国と同じだけの広さがあるんです」と話していたのも印象的でした。

園内は私有地ですから、いろいろな「実験」も自由にできます。澤田さんは運転免許を返上したそうですが、園内では電気自動車で移動しています。規制が検討されているドローンも飛ばせますし、公道での走行が禁止されているセグウェイも走っています。これから植物工場を造る計画もあるそうです。

園内のビールスタンドでは、王様のような格好をした澤田さんの絵が飾られていました。そう、ハウステンボスは、「澤田王国」なのです。

2015年7月からはロボットが接客をする「スマートホテル」も稼働します。海外メディアからの取材申し込みが殺到しているそうです。「澤田王国」のこれからがますます楽しみです。

弘兼憲史(ひろかね・けんし)
1947年、山口県生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)勤務を経て、74年に『風薫る』で漫画家デビュー。85年『人間交差点』で第30回小学館漫画賞、91年『課長島耕作』で第15回講談社漫画賞、2003年『黄昏流星群』で日本漫画家協会賞大賞を受賞。07年紫綬褒章受章。

あわせて読みたい

「テーマパーク」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  4. 4

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  5. 5

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  6. 6

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  7. 7

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  8. 8

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  9. 9

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  10. 10

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。