記事

なぜハウステンボスは「万年赤字」から復活できたのか? - 弘兼憲史

1/2
弘兼憲史の「日本のキーマン」解剖:エイチ・アイ・エス会長 澤田秀雄

田崎健太=構成 門間新弥=撮影

長崎県のハウステンボスが再生し、快進撃を続けている。1992年の開業以来、赤字が続き、2003年には2000億円以上の負債を抱えて経営破綻。ファンド傘下で再建を模索したが、客足は遠のくばかりだった。ところが10年からエイチ・アイ・エス(HIS)が経営支援を引き受け、澤田秀雄会長が改革に乗り出すと、半年で黒字に転換。その後も入場者数は増え続け、前期には過去最高益を更新した。飽きられたはずのテーマパークは、なぜ復活できたのか。その秘密を探った――。

時代遅れの「石炭」が「ダイヤモンド」に変身

【澤田】弘兼先生、ハウステンボスにようこそいらっしゃいました。

【弘兼】ご無沙汰しています。園内はたいへん賑やかですね。10年ほど前に来たときとは印象がまったく違います。5年前、「HISがハウステンボスを支援」という記事を見たときには「澤田さんは大丈夫かな」と心配しましたが、杞憂でしたね。

画像を見る
エイチ・アイ・エス会長 澤田秀雄(さわだ・ひでお)
1951年、大阪府生まれ。73年旧西ドイツのマインツ大学に留学。在学中に50カ国以上を訪ねる。帰国後の80年に旅行会社を創業。90年社名をエイチ・アイ・エスとする。96年に航空会社、99年には証券会社の経営に乗り出す。10年よりハウステンボス社長を兼任。

【澤田】社内も社外も周囲はみんな反対でした。経営者の仲間には「いまHISの経営はうまくいっているんだから、わざわざ苦労する必要はないよ」ともいわれましたね。

【弘兼】それでも経営を引き受けた。

【澤田】ハウステンボスは関連会社を含めれば数千人の雇用を抱えています。それが消えれば、九州の観光業には大きな痛手です。佐世保市の朝長則男市長は2回訪ねてこられた。私は「ハウステンボスは九州のものですから、九州の企業が手がけたほうがいい」とお断りしました。ところが朝長市長は非常に熱心で3回目は朝一番にアポなしでお見えになった。その熱意にほだされました。

【弘兼】まさに「三顧の礼」ですね。市長の頼みを2度も断ったのは、それだけ難しいと思ったからですよね。

【澤田】テーマパークとしての条件が非常に厳しいと思いました。まずは過剰な設備投資です。ハウステンボスは東京ディズニーランドの約1.6倍の広さがあります。首都圏には3000万人以上いますが、地元の佐世保市と長崎市を足しても100万人に満たない。市場に対して、規模が大きすぎるんです。

【弘兼】広域から人を集めるには、アクセスが重要ですが、それも不利ですね。最寄りの長崎空港からはバスか高速船で約1時間。長崎市内からも電車で約1時間半。福岡市内からは高速道路を使って約2時間です。

【澤田】そして長崎、特に佐世保は雨が多いんです。天候が悪いと入場者は3割ほど減ってしまいます。

【弘兼】まさにヒット曲「長崎は今日も雨だった」のとおりですね。

【澤田】経営再建を引き受けるにあたり、「3年やってもダメだったら撤退する」と伝えていました。

【弘兼】赤字覚悟で引き受けたわけですね。それが、いまや利益ではHISの本業である旅行事業を上回るほどの水準になっています。

【澤田】当初、HISの取締役全員を連れてきたときは、閑古鳥が鳴いていました。11月ごろだったのですが、人がいなくて寒々しいぐらい。それが見違えました。ハウステンボスは時代遅れの「石炭」だと思っていましたが、実は磨けば磨くほど輝く「ダイヤモンド」だったんです。

「オランダ」にこだわらずアニメやアイドルも使う

【弘兼】再建にあたり、ハウステンボス内のホテルに住民票を移し、1年の半分は滞在しているそうですね。

【澤田】当初はもっと来ていましたね。現場に来て、問題点を徹底的に洗い出そうと思ったのです。

【弘兼】経営では、経営者が現場に立つことが重要なのですね。

【澤田】もちろん現場を知ることは重要ですが、すべて自分でやるのが正解とは限りません。たとえば私は03年にモンゴルAG銀行(現在のハーン銀行)の再建を引き受けています。豊富な地下資源などを考えれば、モンゴル経済はこれから必ず上向く。しかし金融のことはわからない。このため外部から金融のプロを社長に招き、経営を一任しました。私は会長として、年2回、様子を見に行くだけですが、いまやモンゴルでトップの銀行になりました。任せるなら、優秀な人間にとことん任せる。任せないのならば、とことん自分でやる。

【弘兼】ハウステンボスの場合は、任せられる人がいなかった?

【澤田】私が社長になるまで、何人も再建に挑み、すべて失敗しています。HISの社内でも人を募りましたが、誰も手を挙げませんでしたね。私がやるしかありませんでした。

【弘兼】どこから手をつけましたか。

【澤田】まずは経費のカットです。パークの約3分の1を「フリーゾーン」に変えました。ここにはコストはかけない。入場無料ですから、店舗が閉まっていたり、イベントがなかったりしても、我慢してもらえます。その代わり、入場料の必要な場所には、満足していただけるように投資を集中させました。

画像を見る

(1)ハウステンボスの全景。敷地面積は、東京ディズニーランドの約1.6倍。(2)園内では1年を通じて花が楽しめる。(3)「入国」を済ませると、オランダ式の風車が姿を現す。(4)運河には船が行き交う。(5)園内にある「ホテルヨーロッパ」には船からチェックインができる。

【弘兼】ハウステンボスは「オランダの街を再現する」というのがセールスポイントでしたよね。しかし、いつ来ても同じ風景では飽きてしまう。

【澤田】そうなんです。風景だけで人を集められるのならば、誰も苦労しないですよね。「きれいな街並みだったね」と一度は来てもらえる。しかし、二度目はない。素晴らしい景色は、一度見れば十分なんです。

【弘兼】そのせいでしょうか、昔のハウステンボスは、落ち着いた雰囲気があり、大人の客が多いという印象がありました。

【澤田】「オランダの街」へのこだわりはいいのですが、それをお客さんに押し付けても意味がありません。

【弘兼】街並みだけが続くので、「高い散歩」とも言われていましたね。

【澤田】「散歩」ではファミリーや10代や20代の若者は集められません。しかし、本来テーマパークの中心顧客はファミリーや若者なんです。そこで、オランダとの関わりがなくても、どんどん新しいイベントを企画しようと考えました。お客さんをリピーターにするには、「いつ来ても楽しい」という印象をもっていただく必要がありますから。

【弘兼】たとえばどんな企画ですか?

【澤田】オルゴールやオルガン、鐘などを展示するミュージアムがあったのですが、まったく人がおらず、特に夜はゴーストタウンのようでした。それなら本物にしてしまえと、「スリラー・ファンタジー・ミュージアム」と名付けて、おばけ屋敷にしました。いまでは「スリラーシティ」というエリアに発展しています。

【弘兼】おばけ屋敷にしては立派な外観だと思いましたが、そういう理由があったのですね。

【澤田】ほかにはアニメやアイドルのイベントも開くようにしました。

画像を見る

(1)夜間は運河がライトアップされる。(2)高さ105mのタワー「ドムトールン」が見える。(3)取材時(5月)にはバラ祭が開催中。(4)夜間にはバラ園もライトアップ。(5)場内ホテルの宿泊者を対象にした「仮面舞踏会パーティー」。(6)園内には澤田社長の肖像画が。(7)2015年5月から植物工場でとれた野菜の提供が始まった。

あわせて読みたい

「テーマパーク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。