記事

若者が与党を動かした!~自民党、参院選公約に「被選挙権年齢引き下げ」盛り込みへ

1/3
画像を見る
自民党青年局ニュースより

「被選挙権年齢引き下げ」がまた一歩前進

被選挙権年齢引き下げについては、今年1月に『18歳選挙権に続く二の矢「被選挙権年齢」引き下げは実現するか? 今国会の注目ポイント』( http://blog.livedoor.jp/ryohey7654/archives/52050652.html )を書いたばかりだが、ここにきて大きく状況が動いてきている。

3月20日になって、自民党が夏の参院選公約に「被選挙権年齢引き下げの検討」を盛り込む方向で調整に入ったと、党幹部が明らかにしたことがメディアに報じられた。

3月24日には、自民党の谷垣禎一 幹事長は、国会内に全国から集まった高校生120人を前に、「若い人たちの政治参加を促すために選挙に立候補できる『被選挙権年齢』の引き下げなどを、参議院選挙の公約に入れられないか、真剣に検討している」と「被選挙権年齢」の引き下げについて検討を進める考えを示した。

これで正式に解禁になったと思うので、この間の動きも含めて書いておきたいと思う。

「被選挙権年齢引き下げ」については、すでに与党として連立を組む公明党が若者の声を反映して、「被選挙権年齢引き下げ検討」を参院選の重点政策案に加えたことは、『若者たちが政党を動かした! ~公明党の参院選重点政策に「若者参画政策」が盛り込まれた経緯』( http://blog.livedoor.jp/ryohey7654/archives/52053190.html )の中で報告した通りである。

野党も、合併改名騒動で動きが止まっているものの、民主党、維新の党のほか、おおさか維新の会が賛成の立場を示しており、実現の可能性が一気に高まってきた。

「18歳選挙権」実際に動いたのは安倍政権だけ

ここのところの自民党の対応を見ていて思うのは、「まさかここまで踏み込むとは……」ということと、「選挙のためにはここまでやるが自民党なのか……」というのが率直な感想である。

正直、いまだに「選挙後、本当にやるの?」といった疑いも持っているのだが、その疑念を含めたとしても、若者政策に関する自民党の対応は「あっぱれ」である。

2000年にNPO法人Rightsを立ち上げて以来、最前線に立って選挙権年齢引き下げを求めてきた立場から、最近では全国で講演する機会もいただくようになった。その際にお話ししているのが、「18歳選挙権実現にあたり、本気で踏み込んだのは、2つの政権しかない。1つが第1次安倍政権であり、2つ目が第2次安倍政権である」という話だ。

「選挙権年齢引き下げ」を古くから公約に掲げていた政党は、与野党にいくつもある。だが、実際に国会の中で、本格的に法改正に向けて取り組まれたのは、第1次安倍政権の2006年から2007年にかけての「日本国憲法の改正手続に関する法律(国民投票法)」の議論においてである。

その際、18歳からの国民投票権を認めて国民投票法が可決するとともに、附則において、施行される2010年までに選挙権年齢についても18歳に引き下げられること、とされた。

これによって2010年には「18歳選挙権」が実現するものと思われたが、その後の福田政権・麻生政権ではほとんど進展がなかった。民主党への政権交代後、鳩山政権・菅政権・野田政権にいたっては、「違法状態」になりながらも、この公職選挙法の改正は放置され続けた。

それが再び国民投票法改正の議論の中で動き出したのは、2013年、第2次安倍政権になってからだった。

あわせて読みたい

「被選挙権年齢引き下げ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  4. 4

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  9. 9

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  10. 10

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。