記事

マイナンバー&マイナス金利「Y字路」詐欺が恐ろしい - ワルの経済教室【29】 - 多田文明

「話にY字路をつくり、Xの一致点に導く」営業トーク

話がうまい人と下手な人の大きな違いは、会話の流れのなかで、いかに分岐点をつくって話題を誘導できるか否かにある。詐欺や悪質業者の使う手口をみると、このことをつくづくと実感する。ワルの話のうまさには思わず舌を巻く。

今年からマイナンバー制度がスタートしたが、システム障害によりマイナンバーカードが受け取れなかったり、同じ番号を2人に出してしまったりといった失態が次々に起きている。今後も、こうした不手際につけ込むだましの手口には、注意をする必要がある。

特に昨年末は、マイナンバー通知の封書がなかなか届かない事態となり、それに便乗するような詐欺が多く発生した。典型的な例はこうだ。

役所の職員を名のる人物が突然訪問してきて、こう尋ねる。

「マイナンバーの通知カードはきていますか?」

「届いていない」と答えると「1万5000円支払えば2時間以内に宅配で送る」と言われ支払ってしまったケース。また、ワルは「マイナンバーの通知は届きましたか」と相手に尋ね、「マイナンバーの手続きを早くしないと、罰金を取られますよ」などと焦らせて、登録料名目でお金をだまし取るケースもある。

詐欺師は、通知カードが届かないという混乱に乗じているわけだが、彼らの巧妙さは、2段構えでやってくる点にある。

電話や訪問で「このたびは、マイナンバーの件で混乱とお手数をおかけして申し訳ありません」と平謝りながら、「マイナンバーが届いていますでしょうか?」と尋ねる。

まず「届いているか、否か」のY字路をつくり、尋ねてくる。

そして「届いていない」と相手が答えれば「お金を払えば、すぐに調べて、送るように手配する」と言い、届いていれば「手続きには時間がかかるので代行します」と言って、費用をだまし取ろうとする。

通知カードが届いていても届いていなくても、どちらに転んでも対応できるようにしている。話に分岐点をつくり、相手の答えに合わせて詐欺を働いているのだ。

自動音声ガイダンスを使った「Y字路」詐欺

昨今、「自動音声ガイダンス」を利用した架空請求の手口が広がっているが、これも前出の「Y字路」の手が使われている。

70代男性の携帯電話に着信履歴があった。

かけ直すと「あなたは、動画コンテンツに登録し料金を滞納しているので、支払わなければ民事訴訟を起こす」という音声ガイダンスが流れる。

「料金を知りたい方は1を、心当たりのない人は2を」

との音声の指示に従い、男性が「2」を押すと電話が相手にかかり、個人情報を聞かれたというのだ。

1番か、2番を押すように選択を与えているのだが、結局のところ、業者に電話がかかる仕組みになっており、電話をかけた人はまんまと金をだまし取られるケースが相次いだ。業者は、話を一度分岐させながら、最終的には巧みに自らの意図する方向に導いている。

今、何かと話題の「マイナス金利」もそうしたワルのネタになる可能性が高い。

マイナス金利が私たちの生活へどのような影響を及ぼしているか。多くの人がピンとこないのではないか。日本銀行の思惑はこうだろう。

(1)マイナス金利によって民間の銀行が企業への貸し出しを増やす。
(2)私たちが銀行に預けている利息が目減りすることで、単なる預金をするのではなく、株などに投資するように働きかけ、株式市場を活性化させる。
(3)ローン金利が下がることで、住宅や車など高額な商品を購入する人にとってはメリットが大きくなり、不動産業界や自動車業界への経済効果が望める。

現実のマーケットは今のところそうした思惑通りにはなっていないが、このマイナス金利自体は、こと「営業」に関しては確実に追い風になる「ネタ」だろう。

中高年の顧客に「マイナス金利で、生活に影響を感じていますか?」と尋ねたとしよう。

相手が「よい影響を感じている」と答えるならば、住宅や車などの高額な商品購入を考えている人かもしれない。その時は、そうした契約話をストレートに持ちかければよい。

だが、多くの人は「何も感じていませんね」と答えるに違いない。それどころか、預金の利息はスズメの涙ほどにしかならず、デメリットを覚えているかもしれない。そうした人には、さらに「資産運用に、関心がありますか?」と尋ねてみて、再び話の分岐点をつくってみる。

それに、相手が「はい」と答えれば、銀行にお金を預けるよりも、より高い利回りの金融商品を勧める話が展開できる。

もし仮に相手が「関心がない」と答えたとしても構わない。

その時は、東芝、シャープといった赤字企業の話題を持ち出して、「突然、会社の経営が行き詰まり、リストラなど職を失う危険性はありますよね。それに、これから先の受け取れる年金が減る可能性も大ですし」と、資産を増やす必要を説いて、関心を持たせる方向に誘導すればよい。

今は「老後破産」の言葉が騒がれているように、先行きの不安材料はたくさんあるので、結局のところ、投資話を持ちかけられるはずだ。

分岐点「Y」から、「契約をさせる」という一致点「X」に導くためには、相手の答えが、「イエス」「ノー」にどちらに転んでもよいように、ダブルスタンダードの姿勢で臨む必要がある。言うまでもないが、こうした「Y路地」戦略を駆使した詐欺は犯罪になるが、ふつうのビジネスなら合法である。

あわせて読みたい

「マイナンバー」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。