記事

米司法省、iPhoneロック解除成功 対アップル訴え取り下げ

[サンフランシスコ 28日 ロイター] - 米司法省は28日、カリフォルニア州で起きた銃乱射事件の犯人が使用していたアップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のロック解除に成功したとして、同社を相手取った訴えを取り下げた。

司法省は裁判資料の中で、アップルの支援は「これ以上必要ない」と指摘。連邦地裁判事に対し、アップルに捜査協力を命じた判断の取り下げを求めた。

地裁判事の命令をめぐってはアップルが取り消しを求めていた。

アップルは同日遅く声明を発表し、「われわれは当初から、iPhoneに『バックドア』を組み込むことを求める連邦捜査局(FBI)の要求に反対してきた。組み込むことが間違いであり、危険な前例になると考えていたからだ」と説明。「政府の訴え取り下げにより、どちらも起こらずに済んだ。今回の訴えはなされるべきではなかった」とした。

裁判所を舞台とした両者の対立はこれで終結したものの、暗号化された情報に司法機関がアクセスすることをめぐる争いは終わっていない。

ハイテク業界は製品のセキュリティー対策を回避させるために当局を支援すれば、万人に対するセキュリティーを損なうことになると訴えている。

一方、複数の政府当局者は機器のデータにアクセスできなければ犯罪捜査の全ての手段が影響を被ると主張している。

今回の争いの発端となった銃乱射事件は昨年12月にカリフォルニア州サンバーナディーノで発生。14人が死亡し、22人が負傷した。男女2人の容疑者は事件後、警察との銃撃戦で死亡した。

アップルは政府の要求とそれに伴う裁判所の命令について、民間企業に政府の代理人として協力することを強制する無限の権限を裁判所に与えるものだとして、行き過ぎだと訴えていた。

今回の声明では「われわれはこれまでのように引き続き司法機関の捜査に協力するとともに、われわれのデータに対する脅威と攻撃がより頻発し、かつ精巧になる中、引き続き製品のセキュリティー向上に努める」と説明。「今回の事例は市民的自由、集団安全保障、プライバシーについて、全国的な議論に値する問題を提起した」とした。

<悩ましい問題>

司法省がiPhoneをハッキングする技術を発見したとみられることは、悩ましい問題も浮かび上がらせる。

政府がアップルに詳しい内容を伝えれば、同社は弱点の改善に乗り出し、そうした手段を無効化させるだろう。一方で、政府がアップルに情報を伝えなければ、同社は製品のセキュリティーに対して疑念の目を向けられることになる。

米司法機関の高官は28日、記者向けの電話会見で、今回のロック解除技術がその他のiPhoneにも適用できるかどうか、アップルやその他の司法機関と情報を共有するかどうかについてコメントするのは時期尚早だと述べた。

また、今回の解除技術を提供した関係者についての詳しい説明を拒否。ただ、米政府内から提供されたものではないと明らかにした。このほか、当該iPhoneから見つかった情報に関するコメントも拒否した。

司法省のニューマン報道官は28日、「司法機関が関係者の協力を通じてであれ、協力が得られなかった際には裁判制度を通じてであれ、国家安全保障や治安を守るために重要なデジタル情報を得られるようにすることは、政府にとって引き続き優先事項だ」と指摘。「この使命を果たすため、製造業者の協力を求めたり、公的・民間双方の部門の創造性に頼ったりすることを含め、あらゆる可能な選択肢を探り続ける」と述べた。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。