記事

片岡英彦氏からの「反論」なるものにコメントしておく 乙武洋匡氏の今回の問題は一個人の不倫問題ではない

 私は、次の片岡英彦氏の意見に対し、ツイッターで意見を述べました。
乙武氏の「浮気」騒動の「途方も無く薄っぺらい正義感」について

 これに対する私のツイッターでの意見はこれです。
「片岡英彦氏の論考だが、完全に論点をすり替えている。自民党の策略に対する免罪でしかない。」


 私のツイッターに対し、片岡氏はこのような「反論」というかコメントをツイッターで寄越してきました。
「民主党や共産党の幹部に浮気はなかった?北海道弁護士会の先生たちは100%大丈夫?発覚したら当然資格剥奪?であれば論点のすり替え認めます。でなければ安っぽい正義感だ。」
画像でも貼り付けておきます。
リンク先を見る

 ちょっと変更されたみたいですが、変更前のはこちら。もっと品がないので修正されたのでしょう。
リンク先を見る


 修正はされたものの、何というか、極めてレベルの低いツイッターコメントです。
 石井孝明氏のツイッターコメントよりはましかも?? というレベルです。
都合が悪くなると「お前は共産党だ!」という捨て台詞 安倍政権に反対するとみな共産党ですか?

 私は別に不倫がどうこうなんて述べていないのですが。
乙武洋匡氏を擁護する人がいた 古市憲寿氏のすり替えの議論

 今回、問題になったのは、一私人とか芸能人などが不貞行為を行った、それが有名人だからバッシングをした、というレベルだったら、私もくだらないなと思います。
 その典型例が、ベッキーさんの事件でしょう。この事件こそ、何でここまで騒ぐのだろうと思ったし、それでCM中止とも聞くと過剰反応なのかなと思います。そのCMのスポンサーからしてみると、はらわたが煮えくりかえっているのかもしれませんが、要は騒ぎすぎな感じです。
 なお、私は、この件があるまで、ベッキーさんのことは存じ上げませんでした。

 それが国会議員であったとしても不倫だから、それだけでダメという問題でもありません。普通なら、特に野党候補は、政権批判をするという立場からなのでしょうが有権者からは厳しい目で見られます。逆に保守・反動系の議員は黙認状態です。支持層はそのようなことは全く眼中にないのでしょう。
 前掲「乙武洋匡氏を擁護する人がいた 古市憲寿氏のすり替えの議論」でも述べましたが、中川郁子議員とその相手の門博文議員に議員辞職を私が主張したことはありません。
 宮崎謙介氏は次元が異なりました。思いつきで育休などと言い出し、国会をサボろうとしていた、しかも、それをあたかも自分が育休を取ることによって~、などと言っておきながらのその最中の不貞行為でしたから議員としても永久退場です。
 上西小百合議員も同じ。不貞かあったかどうかの問題ではなく、嘘をついて本会議を欠席したことの問題です。

 さて、片岡氏の私へのコメントが弁護士が不貞をしていたら資格剥奪??
 意味がわかりません。それが何故、薄っぺらな正義感となるのかも意味不明です。
 今回の乙武氏の問題は、自ら自由気ままに不貞行為を行い、他方で自民党というもっとも福祉の実現からは対極にある政党から、自分の虚栄心を満足させるために立候補し、自民党もそのような乙武氏を単なる集票マスコットとして擁立しようとしていた、ということが一番の問題です。
 だから、多くの国民は、これに反発しているのです。
 これを単なる一個人の不貞問題として矮小化することは、自民党の策略を免罪するだけの意味しかありません。
 おもしろいことに片岡氏は妻が許すって言っているんだから、他人がとやかく言うなという趣旨で書いていることです。
乙武さんの奥さん(当事者)は完全に「許し」ています。「あなたは誰に対して怒ってるの?」と、つい「怒る人」を「めんどくさい人」だと私個人は思ってしまいます。

 今回の乙武氏の妻の謝罪は、誰がどうみたって乙武氏の立候補に傷がつかないようにするための演出でしょうに。
 乙武氏の妻の真意がどこにあって、本当に許す、許さないのかなんていうことに興味はありません。
 多くの人が反発したのは、自らの不貞の問題を奥さんを利用して演出しようとしたからに他なりません。まさに政治利用です。片岡氏の意見は、はっきりずれていると言えます。

 もっとも、古市憲寿氏にせよ、片岡英彦氏にせよ、誰がどのような形で乙武氏の「免罪」を煽ろうとも、安倍自民党が目論んだ女性票の獲得は、もう不可能です。
 その意味では安倍自民党にとっても、乙武氏は使い物にならなくなったわけです。
 自民党幹部が乙武氏の公認に慎重姿勢を示し始めたのは、乙武氏の人柄などを見込んでのことではなく、単に障害を持った有名人というだけで白羽の矢を立てただけなのですから、当然の結末になります。
 それとも、片岡氏は、自民党が慎重姿勢になったのは、「薄っぺらな正義感」しかない大衆に迎合したということで批判的なのかもしれませんね。どっちでもいいですが。
 乙武洋匡氏の擁護は、自民党による改憲策動の援護射撃でしかないということです。

参照
乙武氏不倫で噴出するゲスな「障害者差別」を許すな! 古市や宮根の“障害者の恋愛”への特別視も差別だ」(LITERA)

追記
 ご本人から、このようなツイッターが来ています。
 ずれまくりを全く理解されていないようです。というより意図的にすり替えているんでしょうね。

あわせて読みたい

「乙武洋匡」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  6. 6

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

  10. 10

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。