記事

地銀の有価証券投資が拡大・多様化、リスク管理の充実促す=日銀

[東京 28日 ロイター] - 日銀は28日、地域金融機関における有価証券投資の拡大と多様化を踏まえ、その課題をまとめたリポートを公表した。円金利が大きく低下する中で地域金融機関は外国証券や投資信託などリスクの高い商品を増やしており、リスク管理とシナリオ分析の充実を促している。

リポートは昨年夏から秋にかけて実施した地域金融機関を対象にしたアンケート調査をもとに作成した。

日銀による大規模な金融緩和を背景に国内金利が低下を続け、貸出金を上回る預金の伸びが続く中、近年、地域金融機関の有価証券投資は拡大傾向にあり、その収益への依存も高まっている。

特に円金利の低下を背景に国内債券投資が頭打ちになる一方、外国証券や投資信託などリスクの高い商品の投資残高が増加。地銀と信用金庫合計の外国証券の残高は2013年4月の11.8兆円から今年1月には17.1兆円に、投資信託などは同じく3.3兆円から9.6兆円に大きく拡大している。

これに伴って有価証券投資におけるリスク量も増大。アンケートに回答した地銀の国内債、外貨建債券、投資信託の昨年6月末の残高に占める外貨建債券と投資信託の比率は合計で21%程度だが、リスク量では55%に達しており、国内債を上回る。

運用の多様化自体はポートフォリオ全体のリスクを抑制する方向に作用するが、日銀では、為替や内外株価、内外金利など主要なリスクファクター間の相関は「市場のボラティリティーが高いときほど、高まる傾向にある」と分析。リスクファクターの特定とリスク管理への活用は「ポートフォリオ全体を横断的に俯瞰してみた場合のリスクや分散効果を適切に認識するうえで重要」と対応を求めている。

また、有価証券投資の重要性を踏まえ、ポートフォリオに関して「ダウンサイドリスクを含む複数のシナリオ下での経営体力・期間収益などにかかる多面的な分析の重要性があらためて認識される」と指摘。シナリオ分析に基づいた実践的な対応方針を組織的に検討することが重要としている。

(伊藤純夫)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  10. 10

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。