記事

民進党がリアルに「カエルの楽園」化している件について

1/2
ども宇佐美です。

先日ちょっと茶化しも含めて百田尚樹氏の「カエルの楽園」の書評を書いてみたのですが、3月29日の安保法案施行をにらみ、「預言書か!」ってくらいに同書に書かれている内容を彷彿させるようなことが立て続けに起きてきたので「笑えなくなってきたな〜」と思っております。

具体的には以下の通りです。
>>>>>>>>>>>>>
・3月20日以降:
 →中国船がマレーシアインドネシア台湾日本などの東南アジア海域での領海・EEZ侵入を活発化。
 →なお西沙諸島には地対空ミサイルを配備済みで、南沙諸島の人工島の軍事施設は2016年内に完成予定。
・3月25日:民主党尾立議員が安保法案廃止を求める
・3月26日 :トランプ候補「在日米軍撤退もありうる。日韓の核兵器保有も認める可能性もある」と発言し、日米安保の条件見直しを求める可能性を明言
・3月27日 :中国船3隻が尖閣諸島周辺で領海侵入
     :民進党が結党。立憲主義を強調。
・3月29日 :新安保法案の施行予定
>>>>>>>>>>>>>
新しく誕生した民進党と一部マスメディアは新安保法案施行にあわせておそらく

  「新安保法案は違憲。安倍首相は憲法守れ。」

と例によってキャンペーンを打ってくると思われるのですが、今アメリカ大統領選挙が行われているこのタイミングで、そのようなメッセージを発することがどのような意味を外交上持つのか、ということについて真剣に考えていただければと思います。

トランプ氏がこれだけ支持を集める中で(彼が実際に大統領になるにせよならないにせよ)日米安全保障条約には相当な逆風が吹くことは間違いありません。もともとクリントン氏は日本に対して厳しい態度をとりがちですし。さらには年内には南沙諸島で中国の軍事拠点が完成し、アジア海洋での脅威が増してくることを考えると、2017年1月に誕生する新アメリカ大統領は「日本は自分のことは自分でなんとかしろ」と求めてくることが可能性が極めて高いと予測されます。

結構日本には時間がないのです。

ここで新たにキーファクターとして登場してきたのが、民主党と維新の党が合併して誕生した民進党なわけですが、彼らが声高に主張するのは「立憲主義」という概念です。「立憲主義」というと最もらしく聞こえますし、実際近代民主主義国家を支える大事な概念なのですが、結論から言えば彼らの言う「立憲主義」とは「憲法9条を理由にした安全保障政策の先送り戦略」にすぎないと個人的には考えています。

とはいえこれだけ言っても何を言っているかわからないので、一度ここで彼らの言う立憲主義なるものがいかなるものか、玉木議員の解説前川議員の質疑などを参考に例によってQ&Aをつくって、なんとなく自分から見た「(民進党の言う)立憲主義」なるものを整理してみました。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  3. 3

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日韓関係をあおって得する両首脳

    毒蝮三太夫

  5. 5

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  6. 6

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

  9. 9

    二宮和也 3億円新居で結婚決断か

    女性自身

  10. 10

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。