記事

「日本と韓国は、それぞれ勝手に核武装すればよい」 ドナルド・トランプの外交観 NYタイムズと100分のインタビュー

これまで外交政策に関しドナルド・トランプは「イスラム教徒が米国に入国するのを阻止しろ」、「メキシコと米国の間に万里の長城を築き、その建設費用はメキシコに負担させる」、「ISの原油は、アメリカが盗ってしまえ」という断片的なコメントしかしてきませんでした。

しかし共和党の指名競争がクライマックスを迎え、トランプの優位が明らかになるにつれて、「トランプは自分の外交観をもっと詳らかにするべきだ」という声が高まっていました。

それに応える形でドナルド・トランプはニューヨーク・タイムズと100分に及ぶインタビューを行い、自分の外交政策について語りました。その記事が日曜日のニューヨーク・タイムズの第1面トップに出ています。

ドナルド・トランプの主張は以下の通りです。

サウジアラビアをはじめとするアラブ諸国は、アメリカがISを抑えるため軍事支援をしていることに対し、対価を払うべきだ。もしお金を払わない場合、もうサウジアラビアやアラブ諸国からの石油は買わない。

日本と韓国を米国が守ることは、もう必要ない。日本と韓国が米軍の駐留のコストを負担してくれないのなら、米軍は引き揚げればよい。日本と韓国は、それぞれ勝手に核武装すればよい。

日米安全保障条約は、米国に一方的に負担がかかる条約であり、分担比率を変更するため、再交渉すべきだ。

北大西洋条約機構(NATO)は、米国の負担ばかりが大きい。テロ阻止に焦点を絞った別の組織に置き換えた方が良い。

中国が南シナ海に橋頭保を築いていることに関しては、中国製品をボイコットすることで貿易面から対抗すべきだ。

イスラエルについては「2国解決法(Two states solution)」を支持する。

ドイツのメルケル首相などの同盟国に対してもスパイ・監視活動をすべきだ。

兎に角、同盟国は先ず応分の負担金を払ってほしい。

大統領は、手の内を読まれない方が良い。予想しにくいこと(Unpredictability)は、有利に働く。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  5. 5

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    外国人が感じる日本の不思議文化

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。