記事

国の施設の開放

2016.03.27

昨年秋に、官房長官から、国の施設の中で観光資源として価値のあるもの、国民に見てもらう価値のあるものを積極的に公開することを検討する指示をいただきました。

それをうけて行革事務局で、関係各省庁と調整した結果、首相官邸から日本銀行まで、十五の施設についてあらたに公開あるいは公開を拡充することになりました。

首相官邸 官邸と公邸を小中学生を対象に、毎月土日の二日間と八月の九日間、見学を実施。

迎賓館赤坂離宮 毎週水曜日を除き、通年公開。前庭は自由参観で人数制限なし。本館・主庭も当日受付あり。

京都迎賓館 GWに試験公開。当日受付。

皇居 火曜日から土曜日まで、当日受付、事前予約併用。乾通りの公開は春秋七日間ずつ。

皇居東御苑 ガイダンス機能を強化。富士見多聞を新たに公開。三の丸尚蔵館を拡充、富士見櫓前を開放。

京都御所 月曜日以外通年公開。事前予約不要。

仙洞御所・桂離宮・修学院離宮 案内人付きの参観を月曜以外実施。当日受付・事前申し込み併用。

御料牧場 新たに公開。年に二回程度試行したうえで拡充。

鴨場 新たに公開。猟期外に年十回程度試行したうえで拡充。

信任状捧呈に係る馬車列 国会会期中を除き、馬車列の日を広く宮内庁ホームページや観光局ホームページで広報。

造幣局本局(大阪市) 造幣博物館を休日も開館。今年の秋から貨幣工場の見学の当日受付を開始。

スーパーカミオカンデ 事前予約制の一般開放日を創設。

首都圏外郭放水路 平日(火曜日から金曜日)の個人見学の定員増加に加え、土曜日も個人見学を月に一回実施。

大本営地下壕跡 著しく老朽化が進んでいるため、米国公文書館で修復のための資料調査を実施。市ヶ谷台ツアーに資料や映像を展示。

日本銀行 本店本館を当日受付で見学可能に。貨幣博物館は月曜日以外すでに毎日開館。

また、今回の検討の中で、我が国の長い歴史を伝える陵墓について、適切な管理ができていないものが見られたため、宮内庁と地元自治体の教育委員会の専門官や各種歴史学会の専門家などが協力して修復、保全のための調査を新たに開始することが決まりました。

今後、さまざまな専門家の協力をいただいて、計画的に、かなりスピードアップして調査が行われることになります。

あわせて読みたい

「宮内庁」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  2. 2

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  3. 3

    元々の数字が固定ではないから政治家の意図が働く 知事の責任は?

    中村ゆきつぐ

    03月01日 07:44

  4. 4

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

  5. 5

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  6. 6

    電気を盗むことは英雄?インドのドキュメンタリー「街角の盗電師」

    たかまつなな

    03月01日 10:26

  7. 7

    菅首相、山田広報官「厳重注意」は全く“意味なし” ~背景としての「特別職公務員」の問題

    郷原信郎

    03月01日 12:08

  8. 8

    <コロナ時評・医療のシステム難民を救え>保健所半減のツケがもたらすもの

    メディアゴン

    03月01日 08:29

  9. 9

    10万円給付金問題 ついに政府が現金支給を検討へ 3月中に支給対象世帯を議論する予定

    藤田孝典

    03月01日 16:43

  10. 10

    【読書感想】だからヤクザを辞められない―裏社会メルトダウン―

    fujipon

    03月01日 10:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。