記事

ムバラク暗殺未遂事件犯人の帰国

エジプトもアラブの春で大きく変わりつつありますが、その象徴的な事件が起きました。

ムバラク前大統領は1995年アディスアババのアフリカ連合首脳会議に出席の途次、同地で暗殺未遂事件に合いましたが、そのときの犯行を組織したジハード団の幹部がカイロに帰国したとのことです。

イスラム過激派ジハード団の幹部でムバラク暗殺未遂事件に関与した、フセイン・アハマド・シャミートは欠席裁判で5年間の刑期の判決」を受けていたが、イランに亡命していた模様です。その男が14日イランからトルコ経由で帰国したとエジプト紙al ahram の15日付記事が報じています。

なお、彼はアルジェリア籍の夫人と5人の子供を伴っており、家族の方は帰国を許されたが、本人は刑期を収めるために収監されたとのことです。

http://www.ahram.org.eg/Al-Mashhad-Al-Syiassy/News/95415.aspx

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。