記事

夫の不倫の謝罪を妻にさせるのは卑怯

乙武洋匡の不倫活動は、彼が民間人だったら大したものだとわしは褒めてただろう。
だが国会議員となると躊躇する。

そもそも最近の国会議員は「性事家」ばっかりなのだ。
セックス相手を探すために国会に行ってるような「性事家」が多すぎるのだ。

セックスは「私」ごとです。
「公」のために国会に行ってほしい。
国民のために議員活動をしてほしい。
議院のセックスのために税金を払いたくないんです。

そしてこれは重要なことだが、夫の不倫に対して、妻が「謝罪」するのは絶対にあり得ない。
わしは堂々と不倫遍歴を漫画に描いたこともあるが、妻が悪いから不倫したわけじゃない。
わしが悪いのだろうが、わしはピカソを見習っているだけだから仕方がない。

とにかく妻に「謝罪」させる男はろくなもんじゃない!
これは断言できる!

あわせて読みたい

「乙武洋匡」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。