記事

核合意後でも油断禁物 イラン巡航ミサイルの脅威 - 岡崎研究所

安全保障問題ユダヤ研究所のリューエとフライシャーが、2月21日付ウォールストリート・ジャーナル紙にて、イランの弾道ミサイルの脅威は重要だが核装着が可能な巡航ミサイルの脅威が見過ごされている、この脅威への対応が必要だ、と主張しています。論旨は次の通り。

イランが保有する巡航ミサイルの脅威

 最近のイランによる弾道ミサイル発射実験が注目されているが、イランが保有する巡航ミサイルの脅威を見逃してはならない。

 イランは既に10を超えるロシア製の核弾頭搭載可能なKh-55を保有している。射程は1500マイルでテヘランからカイロやニューデリーに到達可能。さらにイランはこれを模倣したSoumarミサイルを保有している。

 弾道ミサイルも巡航ミサイルも核弾頭を装着できるが、巡航ミサイルは短い時間で発射でき、精密な誘導システムを持っているため、対応がより難しい。また低空で飛行するためレーダー捕捉も難しい。

 イラン核合意は、巡航ミサイルについて規定していない。核合意により1200億ドルの凍結資金は解除され、合意を承認する安保理決議2231は核兵器運搬可能な通常兵器や技術の包括的禁輸制裁を解除した。

 核合意の後、ロシアや中国は再びイランへの軍事輸出増大に乗り出そうとしている。イランが巡航ミサイルに必要なターボファン・エンジンや誘導システム、戦闘機などの発射プラットフォームを入手することは容易なことだ。中国製の対艦ミサイルはペルシャ湾・オマーン湾での米の圧倒的優位に対抗せんとするイランの戦略の重要な柱となる。イランはイラン・イラク戦争末期に米船に向けてミサイルを発射したし、ヒズボラにはC-802Saccades対艦ミサイルを提供し、最近では新たな対艦巡航ミサイルの発射実験をしている。

 米国はこれに対して何もできないと思うべきではない。安保理決議2231の下で米、英、仏はロシア、中国が巡航ミサイル、その部品や技術のイランへの移転を阻止できる。これらの移転は安保理の承認を必要とするので、米国はミサイル技術の移転阻止の立場を明確にすべきだ。さらに、決議はイランによる武器輸出の禁止を定めている。

 安保理常任理事国は、中国を除きすべてMTCRレジーム(ミサイル技術管理レジーム)に参加している。この場を通じて対イラン武器技術輸出の規制強化を図るべきだ。米国はMTCR違反に対しては国内法による制裁を発動すべきだ。

 これらの措置はイラン核合意に整合するものであり米国は行動をためらうべきでない。イランによる新たな巡航ミサイルの入手やその改善を阻止するため、米国は核合意交渉で見せたと同じ位の危機感を示すべきだ。

出典:Jonathan Ruhe & Blake Fleisher,‘The Overlooked Iranian Missile Threat’(Wall Street Journal, February 21, 2016)
http://www.wsj.com/articles/the-overlooked-iranian-missile-threat-1456095967

*   *   *

 イスラエルの研究者がイランの核搭載可能な巡航ミサイルの脅威に警鐘を鳴らす記事です。イラン核合意にも反対してきたイスラエルとしては、次の問題として核兵器運搬ミサイルの発展を阻止したいというのは当然のことでしょう。筆者は、弾道ミサイルよりも巡航ミサイルが一層大きな脅威だとしています。

今後も核搭載可能なミサイル開発推進するイラン

 昨年7月の安保理決議2231のミサイル関連規定は非常に限られたものになっています。イラン核合意は、核開発の問題に限定した合意でした。合意のための取引として、2006年来の安保理制裁は、ミサイル規制を含めすべて解除されることになりました。しかし、米国は武器禁輸と弾道ミサイル規制の解除には最後まで反対し、イランは最終的に譲歩しました。安保理決議2231付属書は、弱い文言ではありますが、向こう8年の間「イランは核搭載のための弾道ミサイル発射活動は行わないことが求められている」と規定するとともに、安保理はケース・バイ・ケースで核運搬システムや技術の移転を拒否できる旨を定めています。巡行ミサイル規制のための若干の取っ掛かりは残っています。

 そもそもミサイルの規制については、当該国が同意する場合や安保理決議が規定する場合は別として、核不拡散と違って、特定国のミサイルの開発や保有自体を禁止することはなかなか困難です。しかし有志の国が特定国のミサイル開発を阻止するための措置をとることはできます。MTCR(大量破壊兵器の運搬手段であるミサイル及び関連汎用品・技術の輸出管理体制。87年に発足、日米英仏露など34か国が参加)がその例です。筆者は、このオプションを使えと言います。さらに、米国に対し、違反には一方的制裁を掛けることを求めています。中国はMTCRに参加していないので、ロシアを念頭に入れているのでしょう。

 昨年10月と11月、イランは弾道ミサイル発射実験をしました。米議会の一部からは「安保理決議違反」だとして制裁解除の中止や一方的制裁を求める声が上がり、オバマ政権は、イラン核合意の実施の開始(1月16日)と当時進行中であった米イラン捕虜交換交渉への悪影響を避けるため、これらが済んだ後の18日に、イラン企業などに対する限定された一方的制裁措置を発表しました。

 イランは、これからも核搭載可能なミサイルの開発を推進していくものと見られています。弾道ミサイル、巡航ミサイル、無人機など核運搬手段の問題については、今後も神経戦が続くものと思われます。その観点からロシア、中国の対イラン軍事輸出の動向に注意していく必要があります。なお、昨年11月末、ロシアはイランに最新鋭地対空ミサイルS300輸出の契約を結んでいます。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  3. 3

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  7. 7

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  8. 8

    権力迎合で安泰 NHKの存在に疑問

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。