記事

パナソニックの人事支援制度の意味

日本企業の人事制度は、いま、少子高齢化社会を迎えて、大きく変わろうとしています。

パナソニックは、18日、人事制度に関するセミナーを開催しました。セミナーでは、①キャリア開発応援プログラム、②キャリア開発を目的とした休暇付与と経済的支援、③介護両立応援プログラム、④育児両立応援プログラムの4つの制度を発表しました。

リンク先を見る

①と②は、「チャレンジや成長の促進」のための制度です。
①は、職業能力開発に資するもので上司が認めたものを、社員が最大3年にわたって、定時退社勤務や短時間勤務、もしくは休業して学ぶことができる制度です。海外の大学院に通って学位を取得することも可能になります。

②は、従来、勤続年数に応じて付与していた10日間の連続休暇を、30歳、40歳、50歳と年齢に応じて付与するほか、同時にカフェテリアポイントを付与するというものです。

③と④は、「キャリアの継続」のための制度ですね。
育児支援の必要性はかねてから指摘されてきましたが、近年、介護による離職も大きな問題になっていますね。
私は、90年代に、すでに複数の大手企業の人事担当者から「せっかく育てた有能な人材が、親の介護のために地元に帰ってしまう」という話を聞きました。
当時は、正直、あまり実感がわきませんでしたが、20年を経て高齢化はさらに進展し、いまや、介護離職は大きな社会問題になっています。

パナソニックは、従来、「仕事」と「介護や育児」を両立しようとする社員に対し、休業や短時間勤務など、「仕事」の負担を減らす支援に重点を置いてきました。
しかし、高齢化や人口減少が進み、労働力の確保は難しくなりつつあります。企業としては、社員の「仕事」の負担を減らすにも、限界がある。
そこで、「介護や育児」をサポートすることで、「無理なく働き続けられるような制度」に改めようというわけです。

具体的には、③では、介護にあたる社員に最大300万円の融資制度を新設。また、介護によって休業する社員に、半年間、従来は40%相当支払っていた賃金を70%相当に引き上げます。さらに、年間9万円を上限として介護費用の半額を負担します。

④は、小学校3年生までの子どもを託児サービスや病児保育などに預けた場合、年間15万円を上限として、費用の半額を会社が負担します。
つまり、残業して夜間保育やシッターを利用したり、病児保育を利用したりした場合、社員の負担は半分で済むようになります。かなり恵まれた制度といっていいのではないでしょうか。

少子高齢化や労働力不足が深刻化するなかで、企業にとって労働力の確保は大きな課題です。
セミナーでは、パナソニック人事労政部部長の千松哲也さんは、「パナソニックは面白い仕事ができる会社だというメッセージでもある」と語りました。
働く人にとって、キャリア開発支援、さらには介護や育児支援の充実が、企業を選ぶ際の基準の一つになりつつあるということでしょうね。

あわせて読みたい

「パナソニック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  9. 9

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

  10. 10

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。