記事

虐待で児相保護せず、中学生自殺

また、虐待を受けた子どもが自殺をするという、悲しい事件がありました。しかも、児童相談所がからみながら、保護しなかったという残念な結果です。

両親から虐待を受けて、神奈川県相模原市の児童相談所に相談していた、男子中学生が、2年前の秋に、父親から暴力を受けた後に自殺を図り、今年2月末に死亡した、というニュースで、昨日22日に市が発表しました。児童相談所によると、生徒の顔がはれているなどの通告が、市の担当課から、2013年11月にありました。2014年5月には、生徒がコンビニに駆け込み、警察が対応し、その時に生徒は、親に暴力を振るわれているなどと説明しました。これ以降、児童相談所は、定期的に両親や生徒に来所を求め、面接指導を進めていた、とのこと。2014年10月には、児童相談所が、一時保護を提案しましたが、両親は同意しませんでした。

ここで、法律によって、児童相談所ができる、職権での強制的な保護を、是非、するべきだったと思います。児童相談所は、「急迫した状況ではなかった」としていますが、生徒は、再三、児童養護施設に入りたいと言っていたこと、両親の面接で、よい方向にいっていたと思いこんでいたこと等、子どもの視点で、検証をしっかりしてほしいと思います。児童相談所が考えていたとおりなら、生徒が自殺をするはずは、ありません。児童相談所は、虐待情報の共有も不十分だったとして、対応に問題がなかったか検証を進める、ということです。それでも、生徒の命は、戻ってきません。

児童虐待防止に、国会議員として、現在文部科学大臣をしている馳議員たちと超党派で取り組んできて、法律も子どもを守れるように、可能なかぎり改正してきたのに、それが活かされていず、とても残念です。児童福祉法で、児童相談所の所長が必要と判断すれば、子どもを親から強制的に引き離して、一時保護を、親の同意がなくてもできる、としています。ところが、日本では、同意なく一時保護をすると、親との関係が悪くなり、家族に戻す再統合ができにくくなる、として、あまり実施されていません。児童虐待について、たびたび申し上げているように、日本では、家族再統合が何よりも大事と考え過ぎています。

もちろん、虐待した親が更生して、よい親になれば、それにこしたことはありません。しかし、日本では、専門職が少なすぎて、暴力を振るったりした親を更生させるプログラムはできていません。親の権利が強い日本で、虐待の場合には、親権を一時停止できるような法改正もしてきました。特に児童相談所では、親の方をみて仕事をするのではなく、子どもを守ることを第一に考えてやってほしいと切に願っています。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    橋下氏「毎日新聞は公選法違反」

    橋下徹

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。