記事

共産党は破防法調査対象

画像を見る
こんにちは「いとう渉」です。今日は少々物騒なお話しを紹介します。

各種メディアでも取り上げられているとおり、政府は3/22(火)、鈴木貴子衆議院議員の質問主意書に対して、共産党について「現在においても破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体である」との答弁書を閣議決定しました。

破防法は、暴力主義的破壊活動を行った団体に対し、規制措置を定めると共に、その活動に関する刑罰を規定した法律。政府が調査対象の団体を明示するのは異例で、答弁書では、共産党の「暴力革命の方針」に変更はないとの認識も示しています。

また、戦後共産党が政党となって以降、暴力主義的破壊活動を行った事案があるか?との問いに対し、「日本国内において暴力主義的破壊活動を行った疑いがある」と政府が答弁書に記しています。

以上のような事実を、より多くの皆様にご理解いただいた上で、より一層、政治に対する関心が高まるよう努力して参ります。

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  3. 3

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    お台場水質汚染 背景に汚水放流

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  8. 8

    権力迎合で安泰 NHKの存在に疑問

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  10. 10

    常磐道あおり運転 容疑者を逮捕

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。