記事

CG児童ポルノ裁判の影響は? - 渋井哲也

画像を見るコンピューターグラフィックス(CG)で裸の女児をリアルに描いた創作物が「児童ポルノ」に当たるかどうかが問われた裁判で、東京地裁(三上孝浩裁判長)は3月15日、一部を児童ポルノとして認定して、製造と提供の罪で懲役1年、罰金30万円、執行猶予3年の有罪を言い渡した。判決では、検察側が問題にした34枚のうち3枚が児童ポルノに当たるとした。弁護側は控訴する方針だ。合法時代の「児童ポルノ」をまねて...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。