記事

「経済にデモクラシーを!」〜「アベクミクスは絶対いらない」と水野和夫氏もコールしたAEQUITAS新宿街宣〜の巻 - 雨宮処凛

1/2

「もうやめませんか? こういう状況は。変えていきませんか? 今の僕たちの状況は、なんとか生き残ってる、なんとかサバイヴしてるって状況です。でも、本当はサバイヴなんてしたくないんですよ。ちゃんと誇りもって人間らしく生きたいんです。だから、最低限生活できるような給料を、国が保障しなければいけません。ある程度ゆとりが持てて、将来が見通せるような生活を、社会が保障しなければなりません。低賃金で劣悪な働き方を規制して、なくしていかなければなりません。それが最低賃金1500円ということなんです」

 AEQUITAS(エキタス)の中心的メンバーである原田仁希氏(26歳)が言うと、集まった人々から「そうだ!」と声が上がった。3月20日、新宿アルタ前。この日行われたのは「最低賃金1500円」を掲げるエキタス新宿街宣。
 この日、そうそうたるメンバーが応援に駆けつけ、スピーチした。
 最初にマイクを握った東大教授の本田由紀氏は、戦後の日本の雇用状況を振り返りつつ、バブル崩壊後、さまざまな問題が「若者バッシング」にすり替えられてきたことに憤る。

 「若者にフリーターが増えている、働く意欲のないニートが増えていると指摘され、それは若者が甘えている、努力が足りない、根性がないせいにされました。実際には原因は若者側より企業の側にあったにも関わらず、若者がバッシングされてきたのです。ひどいと思いませんか?」

 真剣な表情で聞き入る人々から「そうだ!」と怒りの声が上がる。本田氏は力強く続ける。

 「要するに、経済の低迷が長引く中で企業は利益を上げることが難しくなっており、その皺寄せをすべて働き手にかぶせるような働かされ方が蔓延している。そのノウハウを企業に入れ知恵するようなブラック社労士などのビジネスも広がっています」

 「私たちは怒り、動き、ひどい状態をやめさせるよう改善し、人間らしい生活を政府と企業から勝ち取っていくべきです!」

 そう言うと、本田氏のリードでコールが始まる。
 「最低賃金1500円上げろ」「長時間労働絶対反対」「ブラック企業はさっさと消えろ」「ブラックバイトから学生守れ」
 惚れ惚れするほど完璧なコール!! 本田さん、カッコいい! 

画像を見る

中心的メンバーの原田仁希さん

画像を見る

本田由紀さんがコール!! 右はこばしゅんさん

 その次にマイクを握ったのは「もやい」理事長の大西連氏。日々、生活困窮者の支援に走り回る氏は、ある20代のシングルマザーの生活実態に触れた。
 離婚して2人の子どもを抱えて働くものの、時給は1000円。フルタイムで働いても16万円。そこから社会保険料や税金を引かれると、手元に残るのは13万円ほど。これで子ども2人を育てるのは難しいので、ダブルワーク、トリプルワークで働く日々。しかし、無理がたたり、彼女は倒れて働けなくなってしまう。そうして生活保護を受けるものの、2013年8月から引き下げられている生活保護費。
 
 もし、最低賃金が1500円だったら。年収300万円は超えないものの、月収は24万円。手元に残るのは20万円。
 「彼女は過労で倒れるまで夜中にバイトに行ったり、朝早くから飲食店で働いたりする必要はなかったんじゃないか」と大西氏。
 それだけではない。全員の生活が今よりはずっと楽になる。
 「手元に残るのは20万円だったら、洋服も買えるしたまには外食できるし友達と飲みに行くこともできる」
 この言葉を書きながら、なんだか悲しくなってきた。服を買うこと。たまには外食に行くこと。友達と飲みに行くこと。そんなことさえ諦めなければならないのが今の賃金水準なのだ。
 大西氏は、ニューヨークやロサンゼルスでは最低賃金1800円、フランスでも1300円という事実に触れたあと、多くの国で今注目されているという「インクルーシブ・グロース」という言葉を紹介した。
 「より所得の低い人や困っている人へ支援をすることによって経済成長しようということです。多くの国で、そういう声が上がり始めています」
 
 さて、次にスピーチしたのは大学2年生のエキタスメンバー・栗原氏。
 彼は、久しぶりに会ったという芸大の友人の話をした。年間の学費は150万円。借りている奨学金は月に6万円。そんな友人は、大学を出たら賃金の低い「やりたい仕事」ではとても奨学金を返せないので、やりたい仕事は諦めざるを得ないと覚悟しているという。栗原氏は、スピーチで「僕らには自由がない」と繰り返した。

 「かつてのような正社員になりたいわけじゃない。サービス残業死ぬほどやって企業の言うこと聞いてたまに過労死する人が出るような働き方はしたくない。一方で、非正規の多くがワーキングプア。僕らにはブラック企業かワーキングプアか、或いは会社人間かといった自由しかありません。これは自由でしょうか?」

 「僕たちの多くは、いろんなことを諦めながら、期待しないで生きてきたと思います。でも、僕らは社会を、政治を変えることができます。そのために僕たちには路上があります。路上に立ってプラカードを掲げて声を上げる。一人ひとりの声、怒りが希望です」

あわせて読みたい

「最低賃金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  6. 6

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  7. 7

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  8. 8

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  9. 9

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    養老孟司氏 考える力身につけよ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。