記事

中国、地名や集合住宅の「奇妙な」外国風名称を一掃へ

[北京 22日 ロイター] - 中国は、集合住宅などを中心に、外国語由来や「奇妙な」地理的名称の一掃を目指す。新華社が、李立国民政相の発言として伝えた。

同相は「道路、架橋、建築物、集合住宅に、外国語由来もしくは奇妙な名称を一掃していく。主権や国家の尊厳を傷つける、あるいは社会主義の中核となる価値観や既存の倫理に抵触するような名称、国民の多くが不愉快に感じるような名称が対象となる」と述べたという。

中国では、近代化と開放により外国風の名称の人気が上昇。特に高級マンションには、住民の国際性や洗練をアピールするためこうした名称が増えている。

たとえば北京では、パーム・スプリングス、パーク・アベニュー、北京リビエラ、北京ヨセミテといった名前の集合住宅や別荘が見られ、新華社は「混沌とした名称変更」の結果としている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  7. 7

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。