記事

【トランプ氏の外交政策】

トランプ氏の、The Washington Postのeditorial board(編集委員会)とのインタビューが話題です。いろんな人が内政・外交などについて、様々な観点から質問を試みるのですが、 議論がちっともかみ合いません。それでも、読んでいて興味深いです。

インタビューの中で駐留米軍基地の経費は、日本や韓国が全額負担するべきだと主張しています。

尊敬する国務長官としてはGeorge Schultzを挙げています。

全文はこちら。

https://www.washingtonpost.com/blogs/post-partisan/wp/2016/03/21/a-transcript-of-donald-trumps-meeting-with-the-washington-post-editorial-board/

長いので、日本などアジアが関係するところだけ、ざっくりご紹介します。

■南シナ海における、中国の狙いをどう見るか?

□ひどい状況だ。まったくリスペクトがない・・

■アメリカはどうすれば良いと思うか?

□われわれは中国より有利な立場にあるのに、みんな気づいていない。通商分野でもそうだ。中国がやったことをめぐって第3次世界大戦が起きるとは思っていないが、アメリカよりも他国への影響が大きい

ただ、正直に言うと、予想外のことをする必要があると思う(we have to be unpredictable) 。いまは予測可能な行動を取っている。行動が予測可能なのはよくない。きょうのように「大統領になったら、何をするか」と考えを示すのは、相手方に手の内を見せることになる。なので、オープンに語るのは大嫌いだ。

■改めて、南シナ海における、中国の狙いをどう見るか?

□私は中国のことをよく知っている。だって、いつも中国とビジネスをしていて、非常に成功している。中国は信じられないくらい野心を持っている。

中国ではバンク・オブ・アメリカのビルを持っている。中国では素晴らしい取引をいくつもやってきた。いつもビジネスをやっている。アパートの販売もしている。「それって大統領の仕事とはまた違う」という人もいるが、最大の銀行だぞ。4億人の顧客層を持っている。その銀行がNYで私のテナントなのだ。中国で最大の銀行だ。世界で最大の銀行だ。

中国は信じられないくらいの野心を持っている。中国は無敵(invincible)だと感じている。中国はアメリカから多くの資金を絞り出し、それで中国を再建しているのだ。われわれがいなければ、中国には空港や道路、橋なんてない。ジョージ・ワシントン橋は中国の橋に比べると小さい。今はアメリカは公共工事をしていない。しかし、中国を見ると、経済成長が7%とか8%。なのに、アメリカは事実上ゼロ成長だ。

■通商を使って、中国を南シナ海から退去させることはできるか?

□できると思うね。

■具体的には何をするつもりか?

□まずはもっと強硬な姿勢をとる。中国はアメリカに対して関税ゼロで商品を売っている。ちなみに、彼らはアメリカにものを売れるけど、我々は中国にものが売れない。アメリカは自由貿易だ。中国は簡単にアメリカで商売ができる。関税ゼロだ。「おいでよ、何でも持ってきて。中国で製造したものをどうぞどうぞ、持ってきてください」と言っているようなものだ。

中国と商売するには、逆の姿勢が必要。アメリカのメーカーが中国に入り込もうとすると難しい。中国市場に入り込めたとして、高い関税を支払う必要があるのだ。

画像を見る

■日本が尖閣諸島と呼んでいる島々を中国が占拠した場合、アメリカは・・

何をするかは答えたくないんだ。信じられない行動であり、アメリカに対するリスペクトが足りないと思う。

■駐留米軍基地の人件費以外のコストのうち、韓国や日本が50%を負担している。

□50%?

■そうだ。

なぜ100%ではないのか?

■突き詰めれば、アメリカは基地を保有することで何か利益があるのかどうか、ではないか(I guess the question is, does the United States gain anything by having bases)?

個人的にはないと思う(Personally I don’ t think so)
個人的にはないと思うね。韓国とは良好な関係を持っている。私は韓国にビルを保有している。しかし、韓国は裕福な国だ。造船、テレビ、エアコンなどのメーカーがある。多くの商品を作っている。大きい。巨大な産業複合体がある。そして・・

■つまり、太平洋の平和を維持するためにアメリカは特に得るものはないということか?

アメリカはかつての立場にない(I think that we are not in the position that we used to be)。アメリカは以前、力強く、非常に豊かな国だった。今は貧しい国になった。債務国だ。21兆ドルもの債務をいったいどう返済するのか?なのに、我々は他国の防衛に予算を使っている。アメリカに使っていない。時代遅れの軍用車を今も使っている。最新鋭のものは敵国に渡している。中東の同盟国に提供しているのだ。空中に一発銃を放つと彼らはすぐに逃げて、敵が(軍用車を)占拠するのだ。

私の友人で息子がイラクで3回目の従軍をしている者がいる。彼は中東、というかアフガニスタンというか、中東にいるのだ。彼は私に言った。悲しい、と。敵は我々の装備を持っていると言っていた。それも最それも最新鋭のものだ。我々は旧式のものしかない、と。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  8. 8

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  9. 9

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。