記事

日本人横綱とは

先週から大阪で始まった大相撲春場所も本日3/22(火)で10日目を迎え、優勝候補の力士がしぼられてきました。

前場所で優勝し、久々に待望の日本人横綱誕生かと期待された琴奨菊関は、思わぬ苦戦をしており、代わりに稀勢の里関が負けなしの10連勝と快調です。もし、このまま稀勢の里関が優勝したら、また来場所、日本人横綱誕生か、という報道を多く目にすることになるでしょう。

白鳳関などのモンゴル人力士は、民族的には日本人と同じ黄色人種でもあるため、彼らが土俵で活躍することに違和感を感じない人の方が、むしろ多いと思いますが、それでも、日本人横綱の誕生が待ち望まれているようです。
スポーツに国境はないと言いますが、昔からある日本人の身内びいきのせいでしょうか。

そもそも、「日本人」とは何なのでしょうか?
法律的に言えば、日本国籍を有している人、ということになります。
しかし、多くの日本人は、生物学的に日本民族のDNAを持ち、
日本語を操れる人のことを日本人と言いたいように思われます。

これは、とても狭い概念ですし、解釈や受け取りようによっては、排外主義的な考え方につながりかねません。

先日のブログで、少子化や超高齢化に関する問題について述べました。
これに人口減少傾向等も合わせ考えると、大量の移民受入れについて真剣に議論すべき時期にきていると唱える人たちもいます。

移民というのは、移った先の国に帰化して国籍を取得することが前提です。
そういう彼ら彼女らを「日本人」として受け容れることを意味します。
我われ日本人は、感情的にも、そうしたことができるのでしょうか。

相撲部屋の厳しい修行に耐え、日本のしきたりに戸惑いながらも
必死に日本に溶け込むよう努める外国人力士たちの姿を横目に、それでも「日本人横綱」を熱望する気運が、もしこの国の大勢であるなら、移民の受入れを政策として考える前に、もっと他に議論すべきこと、例えば、多様性(ダイバーシティ)の意味について深く考えてみる必要があると思います。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  2. 2

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  3. 3

    パリの暴動 スタバが襲撃対象に

    田中龍作

  4. 4

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  5. 5

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  6. 6

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  7. 7

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  8. 8

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  9. 9

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

  10. 10

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。