記事

日本は大丈夫か ベルギーテロ事件の脅威と迫る原発テロへのリスク

ベルギーテロの速報が流れてきました。

ベルギーテロを受けて、ベルギーの原発からは職員の退避指示が出されたみたいです。

今は警察と軍隊が守っている状況。

こんなニュースが世界に配信されるくらいだから、次は原発へのテロが現実味を帯びてきました。
本当に恐ろしい現実がそこに迫ってきています。

⇒BREAKING: Belgian nuclear power plants evacuated after Brussels terror attack=Brussels terror attack - Belgium's Tihange and Doel nuclear power plants evacuated | World | News | Daily Express=By Tom Batchelor PUBLISHED 13:17, Tue, Mar 22, 2016 | UPDATED: 14:07, Tue, Mar 22, 2016

リンク先を見る
ブリュッセルから車で1時間のティハンジ原発、アントワープ郊外のドエル原発は、当局の指示で最低限の人員を残し全員待避。

[僕の意見=再掲]=くしくも3月22日は、21年前の1995年、オウム真理教への強制捜査が開始された日です。
・2015.03.19 ブログ更新!>地下鉄サリン事件20年の節目にテロとの戦いに思う!=「オウム真理教事件(1995年)」の失敗に学んだ「IS(イスラム国)」と、失敗に学ばない「日本国」=なおオウムの失敗に学んだ「イスラム国」と失敗に学ばない日本=『iRONNA編集部』 2015/03/19 =ベルギーテロを受け、昨年の地下鉄サリン事件20年目を迎えて、僕が書いたブログ記事を再掲させてください。

 日本政府(国会議員も含めて)は、このオウム真理教事件の反省や教訓を検証できないままにあります。

 いまだに世界が驚いた化学兵器テロである。20年前のオウム真理教事件について、政府報告書や議会報告書がないのが、日本の不幸な現実です。

 ひるがえって2011年に起きた原発事故については、政府も議会も民間も、事故調査報告書を出しているのに、です。

 したがって我が国において、当然に、ISのようなテロリストカルトの論理や思考方法への理解は遅れ、対策が遅れるのも当然です。

 今からでもとにかく、できるだけ早く、オウム真理教事件の全容について、なぜ事件が引き起こされてしまったのか、今後このような事件を引き起こさないためにはどうすればよいのか、一般人をカルト信者にしてしまう勧誘方法、カルト信者の思考方法等について、そのメカニズムの解明に関し、政府や議会による調査報告書を作成し、世に問い、政府も議会も国民を、再発防止策を真剣に検討する時期に来ていると思います。

 そしてこの時期、マスコミの検証番組が相次ぐ中、市民もマスコミも、もっと政府に意見をいうべき時期に来ているのだろうと思います。

できれば日本の政治を司る安倍首相ら、多くの政治家、多くの人に読んでもらいたいと思います。
世界最初の化学テロを受けた日本が、いまだに、平和ボケのような状態になっていることを大きく憂えています。

あれから1年、↓この参考記事が今年の記事です。この1年何も進んでいません。

地下鉄サリン事件から21年目となっても、政府も国会も、オウム事件の調査さえしようとしません。
安倍晋三首相も同駅で献花し、記者団に「事件を風化させてはならない。卑劣きわまりない事件を二度と起こしてはならない。この決意のもとにテロ未然防止の対策に万全を期したい」と語った。

というのですから、安倍首相はぜひパフォーマンスだけに終わらず、二度と日本で大規模テロをひき起こさせないという観点、テロ未然防止の観点から、まだ実現されていない、オウム事件への政府調査、国会調査を必ず実現し、こうしたテロ組織に若者がかかっていくマインドコントロールの過程、テロ組織の構成員の精神構造、カルト現象が起きる背景なども含めて、オウム事件の真相解明を実現しなければテロ防止はできないことを十分に理解して早急な政治課題にしてもらいたいと思います。

[参考記事]

<地下鉄サリン21年>怒り、あの日のまま 遺族らが献花 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース=毎日新聞 3月20日(日)19時31分配信

=下線は紀藤

 13人が死亡し、6000人以上が負傷したオウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で21年を迎えた。現場の東京メトロ計6駅に献花台が置かれ、遺族や駅員らが被害者の冥福を祈った。

 駅員2人が犠牲になった東京都千代田区の霞ケ関駅では、発生時刻に近い午前8時に駅員21人が黙とう。同駅助役だった夫一正さん(当時50歳)を亡くした高橋シズヱさん(69)が献花し、「ここに来ると事件の日を思い出します。悲しみ、怒りはあの日のままです」と話した。

 安倍晋三首相も同駅で献花し、記者団に「事件を風化させてはならない。卑劣きわまりない事件を二度と起こしてはならない。この決意のもとにテロ未然防止の対策に万全を期したい」と語った。

 オウム真理教の後継団体は近年資産を増やしているといい、高橋さんに付き添ったオウム真理教犯罪被害者支援機構の中村裕二弁護士は「しっかりと観察していく必要がある」と話した。【古関俊樹、加藤明子】

あわせて読みたい

「テロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  3. 3

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  6. 6

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  9. 9

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  10. 10

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。