記事

国内経済は改善、雇用指標は「あいまい」=豪中銀総裁

[シドニー 22日 ロイター] - 豪中銀のスティーブンス総裁は22日、国内経済は改善しており、金融システムも健全だとの認識を示した。

ただ、雇用に関する最近の指標については、相対的に「あいまいだ」との見方を示した。

今後の追加利下げの見通しについてはコメントしなかった。ただ、世界的な金融危機が発生すれば、金融緩和や積極財政に踏み切る余地があると指摘した。

総裁は、世界的な金融危機が再発した場合の豪経済の見通しについて講演。「年末時点で国内経済は改善していたようだ。出発点としては良好だ」と指摘し、「企業調査を見る限り、今年初めも総じて状況の改善が続いたようだ。ただ、雇用市場のデータは、相対的にあいまいだ」と述べた。

「金利はすでに低水準にあり、公的債務は以前より増えているが、深刻な景気下降に見舞われた場合は、他の多くの国、実際、大半の国で、金融・財政政策を緩和する余地がある」とも述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。