記事

幼児教育の無償化の推進

画像を見る

こんにちは「いとう渉」です。3連休も様々な取り組みを進め、参院選大勝利に向け日々前進しています。

さて、ここのところ話題になっている待機児童。公明党においても早速プロジェクトチームを立ち上げ、課題解決に向け始動いたしました。

現在の自公政権になってから、2014年度末までを「緊急集中取組期間」として保育の受け皿を約22万人分増やし、2017年度末までに合計50万人分の受け皿確保を目指して取り組んでいます。

一方で、それを担って下さる保育園や幼稚園、認定こども園の先生方の待遇改善も喫緊の課題です。さらに子どもさんをあずける親御さんの負担軽減も考えねばなりません。

負担軽減ついては、年収360万円未満の場合は、第1子の就学状況にかかわらず、第2子の保育料(幼稚園も含む)は半額、第3子以降は無償となります。また、ひとり親支援という観点から、ひとり親家庭の場合は第1子が半額、第2子以降が無償化されます。

社会全体で子育てをサポートできる体制を整えるため、着実に取組みを進めます。

あわせて読みたい

「保育園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  5. 5

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。