記事

EU離脱派のダンカンスミス英雇用相が辞任、保守党内に波紋

[ロンドン 19日 ロイター] - 英国のダンカン・スミス雇用・年金相は19日、政府の社会保障費の削減方針への懸念を理由に辞任した。

同相はキャメロン首相に提出した辞表の中で、障害者への補助削減に納得できないとし、「こうした政策は、国民の経済的利益というよりも政治的な理由に基づく財政引き締め策の一環だ」と述べた。

欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票を6月に控え、保守党内で意見が割れるなかでの同相の辞任は、保守党内に波紋を広げそうだ。

保守党党首を務めたこともあるダンカン・スミス氏は、EU離脱派の大物政治家のひとり。キャメロン首相やオズボーン財務相はEU残留を支持している。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  5. 5

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    ニトリが島忠にTOB 家具業界の変

    ヒロ

  10. 10

    意外に多い「やり過ぎ感染対策」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。