記事

<福澤朗「なんでも鑑定団」初収録>出演者の発言はどう使う?今田耕司「放送はチェックします」

高橋秀樹[日本放送作家協会・常務理事]

***

司会・石坂浩二の「発言ほぼカット事件」とその後の降板、新番組への就任とあまりよろしくない話題を振り書いたテレビ東京「開運!なんでも鑑定団」。そのリニュ—アル後の収録があった、とスポーツニッポンが報じている。

その中で新司会の福澤朗(元・日本テレビアナウンサー)はつぎのように発言した。

「収録では沢山しゃべったが、司会者というのはその場の空気を下げさせない役目も求められる。たとえ、オンエア(放送上)で使われなくても場の雰囲気を下げなければ成功」

ここまではおっしゃるとおりである。福沢は次のように続ける。

「使うかは番組スタッフに任せます」

これも、正論に思える。どう編集するかは制作側が決める。つまり、編集権は制作側にある、という当たり前のことだ。

編集権は制作側に有るが、もちろん、これを乱用してはならないという規範も求められる。一方で、タレントでも編集所に出掛けて、どう編集されるかを睨みつけている者もいるが、こういう制作側が萎縮するようなこともしてはならない。

出演者が「この部分はカットせず使って欲しい」と思ったら、それは「要請」という形で行われなければならない。制作側も出演者をより面白く、より正しくする意志を持って編集に臨まなければならない。

筆者はテレビの編集は「出演者へのメッセージ」であると考える。つまり、

「あなたのあの発言をより面白くするためにこんな編集をしてみました」

「あなたが、下ネタを言ってスタジオが爆笑しましたが、あなたの出演者イメージを台無しにします、好感度が下がります。それで、あの下ネタは笑いごと全部カットしましました」

などなど。そんな言葉が編集の結果できあがった番組には込められているはずだ。込められていなければならない。

現在のテレビでは、トーク部分をナレーションでまとめて、ショートカットする手法が流行だが、あれは出演者に失礼だ、と筆者は思う。制作者が(演出上の)編集技術をもっていないのかとも思う。

そして司会を引き続きやる今田耕司は、こう発言している。

「これはいくらでも(発言を)切ってということ。どの程度使われるか、確実に放送はチェックします」

これはシャレだが、シャレになりきっていない気もするのである。

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  7. 7

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。