記事

米国株式市場は続伸、S&P今年初めてプラス圏に浮上

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米国株式市場は主要3指数が続伸して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が16日により緩やかな利上げペースを示唆したことに加え、経済の先行きに明るさがみえることが株価を押し上げている。

S&P総合500種指数は18日、今年初めて昨年末比でプラス圏に浮上した。ダウ工業株30種平均は今週、全営業日値上がりし、17日には昨年末比で初めてプラス圏に入った。

週間ベースでも主要3指数がともに上昇し、5週続伸となった。ダウは約1.8%、S&Pは約1.3%、 ナスダックは約1.0%のプラスだった。

FRBが年内の利上げ回数が想定より減ると示唆したことでドルが下落。ドル建ての1次産品は割安感が出て買われ、原油価格は1バレル=40ドルを超えた。ただ、18日の原油相場は利益確定売りで下落。国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が昨年12月以来約3カ月ぶりに増えたことも原油安に繋がった。

雇用や賃金などに関する最近の経済指標は市場予想を上回っており、企業決算の見通しも改善している。こうしたことも景気後退懸念を和らげており投資を後押ししていると、フォートピット・キャピタル・グループのリサーチアナリスト、キム・フォレスト氏は指摘している。

米金融大手のバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>とJPモルガン・チェース<JPM.N>はともに2.9%上昇した。自社株買いの発表が好感された。両社はS&Pの最大の押し上げ要因だった。

米ソフトウエア大手アドビ・システムズ<ADBE.O>は3.8%上昇した。通期の利益と収益について、市場予想を超える水準に見通しを引き上げたことが好感された。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ1855で下げ1183(1.57 対1)だった。ナスダックは上げ1827で下げ1000(1.83対1)だった。

米取引所の合算出来高は約109億株で、直近20営業日の平均である80億2000万株を大幅に上回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 17602.30 +120.81 +0.69 17481.49 17620.58 17481.49 <.DJI>

前営業日終値 17481.49

ナスダック総合 4795.65 +20.66 +0.43 4784.63 4804.58 4772.41 <.IXIC>

前営業日終値 4774.99

S&P総合500種 2049.58 +8.99 +0.44 2041.16 2052.36 2041.16 <.SPX>

前営業日終値 2040.59

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  10. 10

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。