記事

反原発のサンダースに近づく クリントンの政策 大統領選が広げる共和党と民主党のエネルギー・環境政策の溝

1/2
山本隆三 (常葉大学経営学部教授)

米大統領選は、共和党トランプ、民主党クリントンが優勢だが、3月8日に行われたミシガン州の予備選挙の結果が波紋を呼んでいる。同州は代議員数が多いことでも注目されていたが、同州の有権者の構成は年齢、収入、学歴が全米の縮図になっているため、全米の大統領選の結果をある程度予測することにもなる。共和党ではトランプが36.5%、クルーズ24.9%、ケーシック24.3%、ルビオ9.3%の得票率となり、トランプが大統領選でもかなり得票する可能性が見えてきたと考えられるようになった。

画像を見る
フロリダ州サラソータで行われたアンチ・トランプデモ

共和党主流派に脅威となっているトランプ

 この結果は共和党主流派には脅威だったとみえ、3月11日にはルビオ陣営の幹部が、15日に予備選が行われるオハイオ州でトランプを勝たせないためには、同州知事のケーシックに投票するのが最善と呼びかけた。むろん、フロリダ州では同州上院議員のルビオに投票するようにも呼びかけている。

 ルビオも、ケーシックとトランプ阻止の話し合いをしたことはないとしながら、オハイオ州では、明らかにケーシックのほうが有利なのでトランプ阻止のためケーシックに投票すべきとしている。また、フロリダ州で、クルーズ、ケーシックに投票するのはトランプに投票するのと同じだとして、ルビオへの投票を訴えている。

 ルビオ陣営が、トランプに勝てそうな候補に投票を集中するように呼びかけているのは、オハイオ州66人、フロリダ州99人の代議員は1位の候補者が総取りできる制度になっているからだ。CNNが3月11日に発表した世論調査では両州共にトランプがリードしている。オハイオ州では、トランプ36%、ケーシック34%、クルーズ17%、ルビオ8%だ。フロリダ州では、トランプ40%、ルビオ26%、クルーズ18%、ケーシック8%だ。

 ミシガン州では、事前の3つの世論調査の平均ではクリントンが21%の差をサンダースに付けていたが、結果はサンダースが49.8%と1.5%の僅差でクリントンに勝った。サンダースは今まで投票が行われた州では非白人票に弱いとされていたが、ミシガン州の出口調査では黒人票の30%をサンダースが獲得しているとの結果があり、これからの予備選でもサンダースがかなり得票するのではないかとの見方が出てきている。

 3月15日に投票されるイリノイ州、オハイオ州はミシガン州に人口構成などが似通っているので、この両州でサンダースが事前の予想を覆してクリントンに勝てば、今後の予備選にも大きな影響を与えることになりそうだ。サンダースが思いのほか支持を伸ばしていることから、クリントンもサンダースの支持者取り込みのためエネルギー・環境政策を変えてきている。

 自称社会主義者のサンダースは、カナダからのパイプライン、キーストーンXLプロジェクトには無論反対し、シェールガス・オイルの採掘に用いられるフラッキング(爆砕法)にも原子力発電にも反対している。米国の大統領候補としては極めて異例と呼べるエネルギー政策を打ち出しているサンダースをクリントンも意識し始めている。

画像を見る
ニューヨークで行われたフラッキング反対デモ

シェールガスにも原子力発電にも反対のサンダース

 サンダースは、オバマ大統領が進めている火力発電所からの二酸化炭素排出量を抑制するクリーンパワープランについては次のように述べている。「気候変動問題は我々が直面する地球的危機であることを、大統領は分かっている。エネルギーシステムを変革するため大胆に行動すべきだ。大統領が行ってきたことを大きく前進させる基盤を民主党の大統領候補は提案すべきだ」。

 再生可能エネルギーについては、推進すべきとの立場であり、2年前には風力発電への税額控除延長の請願を22人の上院議員と共に行っている。大統領になった際の再エネ政策については次のように述べている。「太陽光、風力、地熱のクリーンで持続可能なエネルギーに投資する。技術開発とその実用化にも持続的かつ多額の投資を行う」。

 キーストーンパイプラインプロジェクトについては当然反対だが、気候変動問題と共に、石油会社が更に収益を上げることがあってはならないことも反対の理由に挙げている。炭素税導入の収入により再エネ、住宅・ビルの断熱設備に投資し、自動車への依存を変えるため鉄道に巨額の投資を行う政策も打ち出している。

 5年前には、原子力発電の操業許可を一時中止し、原子力発電所への融資の政府保証を中止するように、オバマ大統領に書状を出している。今年の3月6日のクリントンとの討論会において、シェールガス・オイルの採掘に利用されるフラッキングを支持しないと明言した。クリントンがフラッキングに条件付きで反対したのに対し、「私の答えは非常に簡単」として答えたものだ。

画像を見る
反原発を主張するサンダース(iStock)

サンダースを意識するクリントン

 クリントンは2008年の大統領選では、原子力はエネルギー問題の解決に必要と述べていたが、今回の選挙戦では何も触れていない。また、以前は二酸化炭素の排出枠取引に賛成し、排出枠のオークションで得た資金を新技術開発投資に充てるとしていたが、排出枠取引についても今回は触れていない。しかし、サンダースが態度を明確にしているいくつかの問題については、クリントンは意見を変えてきている。

 クリントンは当初、キーストーンプロジェクトに関する態度を明確にしていなかった。その理由はクリントンが国務長官として本プロジェクトにかかわったために、ケリー現長官とオバマ大統領が決定すべき事案について意見を述べることは不適切かつ公正ではないということだった。しかし、昨年11月にオバマ大統領が建設承認拒否の決断を下す2カ月前の9月に、気候変動問題に対処するためとして反対を表明している。

 3月6日のサンダースとの討論会では、クリントンは、次の条件がある場合にはフラッキングに反対とした。地域が反対しており、メタンあるいは汚染水が排出され、採掘会社が使用している化学物質の成分を明らかにしない。クリントンはこの条件であれば、多くのフラッキングはできなくなるとした。このクリントンの発言は、シェール推進派は無論のこと、シェール反対の環境派からも非難を浴びることになった。

 フラッキング賛成派は、許可権限の大半は連邦政府ではなく州政府にあることを指摘し、大統領ができることはほとんどなく、クリントンは環境派の歓心を買うため発言したとしている。要は、選挙戦術としての発言ということだ。

 一方、環境派は、クリントンは国務長官として米国のエネルギー自給率をあげるためとしてフラッキングを支持し、ロシアへの依存度を下げたい欧州諸国にもフラッキングを勧めていたことを指摘し、サンダース支持層の票を取り込むための手段と冷たくみている。

 気候変動・環境問題が民主党の予備選挙では話題になるようになってきたが、共和党でも気候変動問題がフロリダ州の予備選前に話題になり、地元選出のルビオが非難されることになった。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。