記事

「清原狂騒曲」が かき消す 甘利口利き疑惑

画像を見る

清原被告を乗せた車に群がる取材陣。マスコミは権力の思うままにスピンコントロールできる有難い存在だ。=17日午後6時52分、警視庁前 撮影:筆者=

 さすがは元スター選手だ。権力にとって最初から最後まで使い勝手が良かった。

 東京地検はきょう、元プロ野球選手の清原和博被告(48才)を覚醒剤所持、使用で起訴した。清原元選手はこれを受け夕方、保釈された。

 警視庁前はマスコミで黒山の人だかりとなった。桜田通りをはさんで対岸の歩道上にもカメラマンたちが長い列を作った。デイリースポーツによると、取材陣の数は約500人。

 午後4時50分頃、上空を旋回していたテレビ局のヘリのローター音がひと際うるさくなった。低空でホバーリングを始めたのだ。

 ヘリは最終的には6機を目視できた。在京地上波テレビ局の数だけ飛んでいたことになる。

 午後6時50分、警察が歩道を通行止めにした。それから2分後、清原被告を乗せたワゴン車が地下駐車場から出てきた。マスコミの照明が煌々とワゴン車を照らし出す。スモークドガラスのため被告の姿は全く見えない。

 ワゴン車が警視庁から出ると、下からはバイクが上からはヘリが後を追った。マスコミというマスコミが最大限の力を注ぎ、元スター選手の保釈を報道したのである。

 清原元選手が覚せい剤所持で逮捕されたのは2月2日。甘利明経済再生担当大臣の口利き疑惑が核心部分に入った頃だった。

画像を見る

マスコミは昼ごろから清原被告の保釈を待った。中継車も6台以上出動した。官邸は大喜びだったことだろう。=17日午後4時14分、警視庁前 撮影:筆者=

 週刊誌が先行する形だったが、民主党の調査で、UR(都市再生機構)がS社に計2億3,500万円を支払ったことが、2月1日現在(清原元選手逮捕の前日)で明らかになっていた。

 UR発注の道路工事建設をめぐるトラブル処理にあたって甘利大臣側がS社にカネを支払うようURに働きかけていたのだった。見返りに甘利大臣側はS社から多額の現金を受け取っている。典型的な口利きである。

 疑惑が事件になりかけた まさに その時、清原元選手は覚醒剤所持で逮捕されたのである。

 以後、連日の「清原報道」で「甘利疑惑」は霞むようになった。今や忘れられた感がある。「清原狂騒曲」の効果は絶大だ。

 覚せい剤事件は逮捕の時期を権力の都合でどのようにでも調整できる。

 2009年8月、当時政権与党だった自民党が間もなくに迫った総選挙で著しく形勢不利だった。そこに降って湧いたように酒井法子の覚せい剤事件が起きる。もちろん警察は内偵を進めていたのだろうが。

 2014年5月にはカリスマ・シンガーのASKAが覚せい剤所持で逮捕される。翌日から「集団的自衛権の行使容認」をめぐる自公協議が始まるという日だった。

 公明党の支持母体である創価学会には、集団的自衛権の行使容認に反対する声が多くあった。学会員の意識をそらすには持ってこいの事件だったといえる。

 芸能界や元スポーツ選手の間に はびこる 覚せい剤。次はどんなタイミングで誰が逮捕されるのだろうか。

   ~終わり~



『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「甘利明」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。