記事

改革勢力と軍(エジプト)

エジプトではカイロのタハリール広場等に集まった青年たちがシャラフ首相提案の拒否、その辞任等を求めて抗議活動継続の姿勢を示していますが、彼らの間にタンタウィ最高軍事評議会議長の辞任を求める声も上がっていて、軍との関係が注目されていました。

これに対して、最高評議会の方では12日、民衆との対話政策を継続するとしつつ、合法性及を逸脱した如何なる行為に対しても断固たる措置をとるとの声明を発しました。これは12日付のal qods al arabi net と13日付のal jazeerah netの記事が伝えるところで、最高評議会のメンバーで国防副大臣のmohsen al fanjariが12日声明を読み上げたとのことです。

声明は抗議運動の一部には、ここの利益を優先し、全体の利益を害しているものがるとして、国家の重大な利益が阻害されており、また一部の者は最高評議会の政策について誤った情報を流していると非難したとのことで、最高評議会は国家の至高の利益のために必要な措置をとるとしつつも、対話政策は追求するt述べたとのことです。

特に、al jazeerah の記事はタハリール広場その他で、多くの『タンタウィ、辞めろ」と書いたプラカードが見られるようになったと報じており、どうやら情勢は革命青年たちと軍、特にタンタウィ議長との対立(まだ最高軍事評議会を解散しろとかの要求は見られない模様です)に進みつつあるようで、先日は現にスエズで軍と群衆が衝突しています。

年初のエジプト革命では軍が中立を守ったことが、(エジプトにしては多くの犠牲者を出しましたが)リビアやシリアやイエメンと比べてエジプトでは少ない犠牲で革命が成功した大きな要因でしたが、ここにきて軍と革命勢力との対決という可能性がでてきました。当面エジプトの情勢が注目されます。

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-07-12-11-55-18.htm
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/CA05AAD1-80C1-4F44-AA7F-DA6DF83233CF.htm?GoogleStatID=1

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。