記事

「私はアンカラ」はどこ?ー悼まれるパリ、悼まれないトルコ・アンカラ

トルコの首都アンカラで大規模なテロが続いている。昨年10月以来、3度の大規模なテロが起こり、3月13日には少なくとも37人が死亡。125人が負傷した。実行犯の1人は1992年生まれの女性で、クルド人の反政府武装組織「PKK(クルド労働者党)」のメンバーであることが判明している。

しかし、日本に限らず欧米メディアでは大きな話題となっていない。facebookのプロフィール写真をトルコ国旗にする機能も作ってもらえない。

そうした中、アンカラに住む男性・ジェームズ・テイラー氏がfacebookに投稿したものが話題を呼んでいる。

「私はシャルリ」、「私はパリ」はいた、けど、「私はアンカラ」はいない。「毎日歩いていた道路が跡形もなく爆破されることを想像できますか?」というものだ。

また、イギリスやパリに比べて話題にならないことにこう嘆く。

「ロンドンやニューヨーク、パリで起きるテロ事件を知って、犠牲者を悼み、悲しみを感じるのは簡単だ。ではなぜアンカラはそうではなかったのか?トルコはシリアやイラク、内戦状態にある国々のように大半がムスリムの国だと思うから?アンカラの攻撃が自分に関係ないし、パリやロンドンの攻撃の時のような痛みを感じられないのなら、立ち止まってなぜそうなのか考えて欲しい」

For those who do not know Turkey, or who distance themselves from these attacks, maybe this will open your eyes.The...

James Taylorさんの投稿 2016年3月13日

パリ同時多発テロの時には、多くの人がトリコロール(フランス国旗)を掲げる一方、「パリだけを追悼すればいいのか?」という意見も散見された。

しかし、今回のアンカラテロは話題にもなっていない。Twitterで見る限り、以前「パリだけを追悼すればいいのか?」と発言していた人もアンカラを(Twitterでは)追悼していない。

プロフィールを変えるなど表向きの行動を起こすか否かはどちらでもいいと思うが、もしテロ事件に悲しみを感じるのであれば、テイラー氏が言うように、イギリスやパリだけではなく、アンカラでも犠牲者を悼んで欲しい。もちろん、「祈る」だけでは変わらない。しかし、無関心でいればもっと変わらないだろう。実際、関心が高まったシリアでは和平合意に向けて一歩ずつ進んでいる(関連記事:ロシアはなぜシリアから撤退したのか?)。

エルドアン大統領は、「国民は心配すべきでない。テロとの戦いは必ず勝利に終わり、テロリズムは打ち負かされる」と語った。既にトルコではメディアへの規制が強まり、反政権寄りのメディアは管理下に置かれているが、今後さらに規制は強まるだろう(トルコ、大手通信社まで政府管理下にー国内最大紙に続き)。

あわせて読みたい

「パリ同時多発テロ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。