記事

ドイツ取引所とロンドン証取が合併で合意 時価総額300億ドル

[フランクフルト/ロンドン 16日 ロイター] - ドイツ取引所<DB1Gn.DE>とロンドン証券取引所(LSE)グループ<LSE.L>は16日、合併で合意したと発表した。時価総額が300億ドルにおよぶ取引所が誕生する。

約16年前の初回から数えて3回目の協議で合意に達した。ただ、ニューヨーク証券取引所などを傘下に置く米インターコンチネンタル取引所(ICE)<ICE.N>がLSEグループ買収を検討しており、今後買収合戦に発展する可能性もある。

合併後はドイツ取引所の株主が新会社の54.4%、LSEの株主が45.6%を保有する。

共同声明は、合併により、年間4億5000万ユーロ(約5億ドル)の費用を削減できる可能性があるとしている。

ドイツ取引所のカーステン・ケンジェターCEOは、欧州の資本市場の存在感が高まるとして意義を強調した。

ただ、6月の英国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まった場合の展開や、デリバティブの決済における役割拡大など課題は残されている。

ケンジェター氏は、合併は今年末あるいは2017年初めまでに完了するとの見通しを示した。

また、英国のEU離脱をめぐる懸念については「国民投票の結果に関係なく合併は成功する」と述べた。

新会社の会長にはLSEグループのドナルド・ブライドン会長、最高経営責任者(CEO)にはケンジェター氏が就任する。また、取締役会はLSE出身者とドイツ取引所出身者を同数とする。

本社は英国に置くが、ロンドンとフランクフルトの双方に法人本部を設置する。新会社の株式はFT100種総合株価指数<.FTSE>に採用される予定。

アナリストは今回の合併について、デリバティブ決済のシェアの大きさから、今後EUの競争当局の厳しい審査対象となるとみている。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  8. 8

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  9. 9

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  10. 10

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。