記事

ろくでもない太陽光発電施設の例 〜 「大平縄文遺跡」を破壊

今朝の朝日新聞ネット記事によると、愛知万博のあった海上の森(愛知県瀬戸市)に隣接する林で建設された太陽光発電施設が、市の中止勧告に反して開発された際、室町期の窯跡が壊されていたとのこと。

<太陽光発電施設と遺跡の位置>
[画像をブログで見る]
2016.3.13 朝日新聞ネット記事

<壊された大平窯跡と同じ形状の国指定史跡の小長曽陶器窯跡>
[画像をブログで見る]
2016.3.13 朝日新聞ネット記事

<記事抜粋>

・名古屋市のフジ建設による林の伐採と太陽光発電施設の設置が2月に発覚した後、県と瀬戸市が立ち入り調査をしてわかった。

・フジ建設「造成済みの自社所有地を拡張したので、法的な手続きがいるとは知らなかった。13年に瀬戸市と開発計画をやり取りした際は別の業者に委託し、法令関係は引き継がれなかった」

・太陽光発電を手掛ける名古屋市の団体役員「規制を知らないなんてありえない。業界がうさんくさく見られる」。

・海上の森の保全運動に関わる元瀬戸市議「森林法や砂防法など法律の後ろ盾がある。砂防関係条例に、原状回復を命ずることができる、ともある」

・県「法令違反は明らか」(知事)。

・県教委「埋蔵文化財はガラクタではない。地域の貴重な証人だ」。

・フジ建設「行政の指導を受け事後に開発を届けることになるはずだ」。

 太陽光そのものに何ら責任はないが、こうしたろくでもない太陽光開発が、真っ当な太陽光振興を阻害するだろう。
 こうしたことは本来、太陽光発電業界団体が、業界内で通じる常識的かつしっかりとした自主基準を策定し、業界内で普及させていくべきことだ。

 しかし、今回の事案など太陽光発電施設の乱開発が目立ち始めていることからすれば、業界内で仕切れないのだろう。

 ならば、法的に規制強化するしかない。

あわせて読みたい

「太陽光発電」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    政府の五輪感染対策に批判殺到

    女性自身

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。