記事

露プーチン大統領、シリアから軍隊を撤退表明

ロシアのプーチン大統領はショイグ国防相に対し、シリアからの軍隊撤退開始を指示したと海外メディアが一斉に報じている。

理由としてはシリアにおける任務は遂行されたためとしており、15日から撤退を開始すると命じた。

ロシアは昨年の空爆開始以降、シリア情勢で大きな役割を果たし、市民にも大きな被害を与えていたため、その影響は大きいだろう。

シリアのアサド大統領とも合意していると伝えられており、どういう「約束」がなされたのかはわからないが、アサド政権と反政府軍の和平交渉も前進するかもしれない。だが、ロシアの権益であるシリアのラタキアの空軍基地は維持するとしている。

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。