記事

マレーシアの豪記者一時拘束に深い懸念=ビショップ豪外相

[キャンベラ 14日 ロイター] - オーストラリアのビショップ外相は14日、マレーシアのナジブ首相に汚職疑惑をめぐり直接取材を試みたオーストラリア公共放送(ABC)のジャーナリスト2人が拘束されたことに対し、深く懸念していると述べた。

2人は12日、ボルネオのサラワク州で、モスク近くで首相に接近しようとしたとして、身柄を拘束された。

マレーシア警察は、2人が規制線を越えないようにとの指示に違反したため逮捕したとの声明を発表した。2人は13日に釈放されたが「公務執行妨害」で起訴された。

ビショップ外相はABCラジオに、オーストラリアは「深く懸念しており、領事館を通じて2人を支援していく。またマレーシア政府に対し、この問題をしかるべきレベルから提起する」と述べた。

あわせて読みたい

「報道の自由」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。