記事

「ミャンマーからの英霊帰還」その1―インパール作戦―

3月1日、私はミャンマー国民和解担当日本政府代表として、ミャンマー政府と少数民族武装勢力の停戦和解に尽力している立場から、ご遺骨の発見場所がインド国境に近い少数民族武装勢力の地域であるチン州で発見されたこともあり、英霊帰還任務に携わることとなった。

インパール作戦で戦死された兵士のご遺骨10柱を、ミャンマー政府の担当省庁である文化省エーミンチュー文化大臣より返還を受け、3月4日、厚生労働省において塩崎恭久大臣にお引き渡しを行い、直に関係者も出席の上拝礼式を行い、私の任務は終了した。

リンク先を見る
エーミンチュー文化大臣からご遺骨を受け取る

ミャンマーに散在する日本軍兵士のご遺骨はまだ数多く未収集のままである。特に少数民族武装勢力の地域は、今まだミャンマー政府軍との戦闘情況(昨年10月、8グループは停戦署名)にあり、この地域に入れる外国人はほとんど皆無。その中で福岡出身の元僧侶で国際NGOとして活躍されている井本勝幸氏は、この地域の住民のために長く人道活動を行っており、住民の信頼も厚く、今回、最も困難なインパール作戦ルートでご遺骨の収集にあたられた。

しかし、戦後各国で行われた遺骨の収集ではさまざまなトラブルも発生した。現地人からの金銭の要求や現地人の遺骨が混入することもあった。そこで今回は、井本氏が現地で発見した場所に印(しるし)をつけ、厚生労働省の係官がわざわざ現地を訪ねて収集することになった。今回のご遺骨の発見場所は海抜1,800メートルから2,500メートルの山中であり、厚生労働省が行う作業にも多大な労力と大きな困難を要した。井本氏は「今はまだ可能だが、現地を知る古老たちは急速に減少しており、彼らがいなくなればご遺骨の収集は完全に不可能になる」と、あせりの表情に顔を曇らせる。

インパール作戦とは、1944年3月から7月初旬まで、日本陸軍がインド北東部の英国軍基地のある都市インパール攻略を目指した作戦のことで、補給線を軽視したずさんな戦いは多くの犠牲者を出し、歴史的敗北を喫した。第二次世界大戦における最も無謀な作戦の一つであった。

総兵力約9万人。しかしチンドウィン川を渡河して戦闘に入ったのは約6万人と言われている。この戦闘地帯がどのような地域か、読者の理解を得るために、吉川正治著「陸戦史集インパール作戦 上・下巻」原書房より引用する。
「目指すインドのインパールを岐阜と仮定した場合、もう一つの目的地コヒマ(同じくインド)は金沢に相当する。第31師団は軽井沢付近から浅間山(2,542メートル)、長野の鹿島槍2,890メートルを超え髙山を経て金沢へ。第15師団は甲府付近から日本アルプスの一番高い槍ヶ岳3,180メートル、駒ケ岳2,966メートルを通って、岐阜へ向かうことになる。兵は30kg〜60kgの重装備で日本アルプスを越え、途中、山頂で戦闘を交えながら岐阜に向かうものと思えば、凡その想像はつく」と述べ、更に移動手段が徒歩だった日本軍にとって、戦場に赴くまでが既に苦闘そのものであり、食糧を積んだ牛馬が、この峻厳な山地を越えられないことは明白だった。「年間降水量9,000mmにも達するアラカン山系では、雨季になれば豪雨が泥水となって斜面を洗う山地での行軍は、進むことも退くこともできなくなり、河は増水して通行を遮断することになる」と述べている。
食糧不足からの栄養失調、マラリア、赤痢をはじめ熱帯病の発生、その上、食糧不足は餓死者を大量に発生させる事態となった。前線の兵士は「食うに糧なく、撃に弾なし」で、1日に2発の砲弾を割り当てられるのみだった部隊もあったという。正に地獄の中で、前途有為な兵が母親や祖国帰還を夢見て死に至ったのである。戦死者11,400人、戦病死者7,800人、行方不明者1,100人、他にも数え切れない犠牲者が出た。退却路に沿って延々と続く、蛆の湧いた餓死者の腐乱死体や風雨に洗われた白骨が横たわるむごたらしい有様を、日本兵は「白骨街道」と呼んだ。井本勝幸氏は72年後の現在、この戦跡を黙々として遺骨を探して歩いておられる。

なおインパール作戦の最高指導者である牟田口廉也第15軍司令官は、作戦失敗後、参謀本部付となり帰国。最後は陸軍予科士官学校長で終戦を迎える。現地インパールでは、小隊長や中隊長の多くは自決したとも伝えられたが、牟田口は作戦の失敗を「あれは私のせいではなく、部下の無能さのせいで失敗した」と自説を曲げなかった。1966年、78歳で脳溢血で死去。兵士たちへの謝罪の言葉は死ぬまで無かったという。

あわせて読みたい

「太平洋戦争」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  2. 2

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  6. 6

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

  10. 10

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。