記事

なぜ、リクルート社員は高給を捨て去り、「瓦礫の街」へ移住したのか?

NPO法人ETIC. 石川孔明=文 ジャパン・ソサエティー=取材協力

東日本大震災から5年が経過した今、宮城県女川町では、行政と民間事業者の連携による画期的なまちづくりが進められている。その推進役を担っているのは、リクルート出身の若手起業家だ。

震災後、「高給」のリクルートを退職

東日本大震災で住民の1割が亡くなり、市街地の8割を失った宮城県女川町。その後も人口流出が全国最速で進み、震災前に1万人を超えていた人口は現在では6000台まで落ち込んだ。そんな女川町がいま、続々と新たな事業が生まれるまちとして注目されている。

その活動を支えているひとりが、仙台市生まれの小松洋介さん(33)だ。2014年には AERA誌選定の「日本を突破する100人」に選ばれ、2015年には日本青年会議所の「人間力大賞 経済産業大臣賞」を受賞した。

小松さんは大学卒業後、リクルートに就職。入社4年目には拠点長を任されるなど順風満帆なキャリアを歩んできた。なぜ、彼は社員の平均年収が1000万円近いともいわれるリクルート社員の肩書きを捨て、震災前は縁もゆかりもなかった女川町に飛び込み、まちづくりに取り組みはじめたのだろうか。

画像を見る
NHKなどでも取り上げられ話題になった「女川データブック」と小松さん。データを元にしたまちづくりの先進事例として取材や視察が女川町を訪れている。(撮影=和田剛)

震災発生時、小松さんは北海道エリアを担当するチームリーダーとして札幌にいた。その後は毎週末のように三陸沿岸の被災地を訪れ、がれき処理や片付けのボランティアに取り組んだ。

「被災地は大変なことになっていたけれど、札幌に帰ると変わらない日常がある。そのギャップに気持ちの整理が追いつきませんでした」

小松さんは大勢の部下を抱える責任あるポジションにあった。同世代と比べても格段によい待遇にあった。しかし、被災地での経験は彼のキャリア観と生き方を揺さぶった。

「通えば通うほど、このままリクルートにいていいのか、自分に問うようになりました。自分が本当に取り組みたいことは、被災地の復興なのではないかと」

とはいえ、被災地に転職先があるわけではない。生活していけるかもわからない。悩んだ小松さんは、リクルート出身の先輩を訪ねた。そのなかでも特に影響を受けたのが、東京都で初めて民間初の区立中学校校長を務めた藤原和博さん(『人生の教科書[よのなかのルール]』などの著書を持つ教育改革実践家)だった。

「生活も気になるし、リクルートに残ろうかと考えていた頃に『今すぐ辞めたらいい。でも最後は自分で決めたら』とアドバイスをもらい、自分の気持ちに素直になろうと決めました」

震災から半年後の2011年9月、小松さんは7年間務めたリクルートを退職した。次の仕事は決まっていなかった。

「10万円」の茶封筒に、涙あふれる

自由の身となった小松さんは、被災地をまわって聞きこみ調査をはじめた。
「数字をみるだけでは不十分。現場の声を聞くべし、とリクルートで叩きこまれていました」

ひとつの町に10回以上足を運んで地元の人々の話に耳を傾けた。

その活動ぶりが耳に入ったのか、女川町の商工会から声がかかった。同町ではボランティアや建設従事者のための宿泊施設が不足しており、移動可能なトレーラーハウスを利用した宿泊施設を作ろうとしていた。事業立ち上げの経験が見込まれ、サポートに入った。

「まだ無給だったので、仙台の実家から女川までの往復100キロのガソリン代だけも大変でした。趣味だったギターを手放して、活動費の足しにしていました」

と小松さんは当時を振り返る。

その後、正式に女川町の復興連絡協議会で働くことになった。

「まちづくりはとてもやりがいのある仕事です。地元住民や企業だけでなく、自治体や国などあらゆる関係者を巻き込んで、ゼロからものごとを作っていくのは企業ではたらくよりずっと面白いし、学びが多いと僕は思っています」

リクルート退職後、半年ぶりにもらった給料は10万円弱。

茶封筒に入った給料を手渡しで上司から受け取った。額は、前職に遥かに及ばないが、比べ物にならない重みがあった。

「現金手渡しなので、後でこっそり中身を確認するんですが、女川町の人たちが復興のために必死で集めてきたお金だと思うと、思わず涙があふれてきました」

起業家精神あふれる若者に慕われる理由

小松さんは、2012年には復興連絡協議会戦略室の活動を引き継ぎ、NPO法人アスヘノキボウを設立し、代表理事に就任した。創業支援、移住者誘致を皮切りに様々なプロジェクトに取り組み、女川のみならず全国各地を飛び回っている。

特筆に値するのは、そんな小松さんに引き寄せられ、起業家精神あふれる若者が続々と集まってきていることだ。

そんな若者のひとりが梶屋陽介さんだ。

2年前に国産ギター専門店GLIDEを仙台につくった梶屋さんは今年1月、ギターの製造工場を、前出の小松さんがまちづくりをしていた女川にオープンした。都内の大手楽器店に勤めていた彼は、震災後のボランティアがきっかけで三陸に惚れ込み、地元の木材を使ったギター作りに取り組みはじめた。

「素材まで純国産のギターはほとんどありません。三陸の木材はすごくいい音が出せるので、ここでしか作れないギターを作って、日本だけでなく世界に届けていきたいと思っています」(梶屋さん)

画像を見る
左:「女川に工場を作ろうと思ったのは、まちの人々がとても協力的で応援してくれるから」と梶屋さんは語る。(撮影=和田剛)右:震災前は主婦だったという阿部鳴美さん(前列右から2番目)。セラミカ工房は女川に新たな雇用とやりがいを生み出している。(写真提供=NPO法人アスヘノキボウ)

移住者だけなく、地元住民による起業も盛んだ。

2015年12月に新しくオープンした女川町の駅前商店街にある、NPO法人みなとまちセラミカ工房。その店頭には、色鮮やかなスペインタイルが並ぶ。代表の阿部鳴美さんは、震災後にスペインとの交流事業に参加したことがきっかけで、陶芸サークルの仲間たちとタイル工房を始めた。

「経営なんてしたことがなかったので立ち上げは大変でしたが、多くの方々に支えられて工房を始めることができました。色を失ってしまった女川のまちを、スペインタイルで明るく彩っていきたいです」

震災翌年に仮設商店街の一角で始めた工房は、今では10名をこえる地元の女性たちが働く場へと成長している。

震災から5年を経た今、リクルート出身の小松さんはその手腕をさらに振るわんと活動領域を広げている。最近では、行政の統計データを活用した地域の課題解決や、地元水産事業者の海外進出支援にも取り組み始めている。彼にとって、女川は新しいことを始めるチャンスにあふれたフィールドなのだろう。

「直感にしたがってリクルートを飛び出したのは正解でした。まちづくりを通して復興に関わることは、他では得られないおもしろさがあります。女川を“日本で一番チャレンジに優しいまち”にしていきたいですね」

あわせて読みたい

「震災復興」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  4. 4

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  5. 5

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  6. 6

    橋下徹氏「国立大学は甘えすぎ」

    橋下徹

  7. 7

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  8. 8

    コロナ巡る混乱 抗体ない深刻さ

    essa

  9. 9

    マスクなしで頑張る 森氏に批判

    女性自身

  10. 10

    コロナで観光客減 非正規に危機

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。