記事

オサマビンラーデンの殺害(膨らむ疑惑)

BBCとかCNNは相変わらずこのニュースを大きく取り上げて、特に米政府がビンラーデンの隠れ家で押収したビデオを公表したと報じています。
日本の新聞も詳しく彼の殺害に至る経緯を報道していますが、それらを見ると改めてこの種事件について慌ててコメントすべきではないなと思わされます。

例えば、従来彼は多数の護衛兵に囲まれていたので、米軍の襲撃に際して銃撃戦があったと聞いて、相当激しい戦いであったと勝手に思い込んでいたら、どうやらそれは彼を匿っていた2名のアフガン人だけであったようで、どなたかのコメントの「丸腰の男を射殺した」と言うところに対して、事実誤認だろうなどと反論しましたが、これは明らかに当方の誤りでした。
しかし、6年もの間家族とこの2名の男だけと一緒にパキスタン軍の中枢近くの家に隠れていたと言うのはどう考えれば良いのでしょうか?

アフガニスタンとパキスタンとの国境地帯が、米軍ドローン等の脅威に常に曝されているので、隠れ場所が無くなって、こんなところに隠れたのか?それとも灯台もと暗しということで意図的に選んだのか?

いずれにしても護衛兵なしでの隠れ家と言うのは余りに大胆過ぎます。彼は既に実質的な指導者では無くなっていたのでしょうか?彼と確認できたのが、サウデイあての「金送れ」と言う連絡であったと言う報道がありますが、金が無くなって影響力も減っていたのでしょうか?

確かに最近アラビア半島のアルカイダとかマグレブ諸国のアルカイダ等と言う組織を除けば、アルカイダ本体の大規模テロは殆どありませんでした。彼の指導力、資金力、連絡能力が落ちていたのでしょうか?

このような形で潜伏していたとすれば、既に実質的指導者の座はアイマン・ザワヒリ等に移っているのでしょうか?彼は今何処に居るのでしょうか?

もう一つ大きな疑問はこれだけ長期間目と鼻の先に居ながら、パキスタンの誇る軍情報機関(ISI)が全くその存在を知らなかった等と言うことがあり得るのでしょうか?常識的に考えれば、ISI全体とは言わなくとも、少なくともその一部はしっていたのみならず、彼を匿っていたのではないでしょうか?

もし本当に知らなかったとすれば、とんでもない無能な情報機関と言うことになるでしょう。なにしろ6年間と言うのは長い期間です。

いずれにせよ、今回の襲撃はパキスタン政府の了解をとるどころか、通知さえしてなかったと言うことのようですが、今後の米・パキスタン関係は極めて難しいものになるでしょう。

そして今後のイスラム過激派と言うか、イスラムテロリストの主導者は誰になるのでしょうか?

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  7. 7

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。