記事

あの震災から5年。

あの震災から5年。3月11日に行われた「追悼式」に参列しました。

追悼式に先立つ3月4日、私は民主党・岡田代表と共に福島を訪れました。(→福島視察のブログ記事) 
この日は、民主党政権時代に「6次産業化」の補助金を受けたトマト農園を訪問。トマトキムチなどさまざまな新商品を開発し、レストランも併設するなど、地場産業として定着しています。復興は道半ばでもあのときの政策が、ようやく花を咲かせた――私は、これからも被災地に寄り添います。

実は、自民党の中には、災害対策を理由に憲法改正をしようとしている人たちがいます(「東日本大震災でも何もできなかった」「緊急事態を宣言すればもっとたくさんの命を救えた」(山谷えり子・前国家公安委員長、2016/2/11)

とんでもありません。あの史上例を見ない複合災害で、ボランティアや自衛隊、自治体職員のみなさんをはじめ、現場がどれだけふんばったか。

実は、自民党の憲法改正草案には「緊急事態条項」という項目が含まれており、政府が「緊急事態宣言」すれば権限が集中されるようになっています。でもこれは、震災のリアリティから考えれば現場の足をひっぱるだけということがわかってきました。

震災当時、私は災害ボランティア担当の総理補佐官として震災対応にあたりました。そしてあの悲劇から多くの教訓を得ました。

1、事前に準備していないことは緊急時にはできない。

2、災害対策のための法律や避難計画を、一つひとつつくっていく。

3、想定外をなくす研究を進め、想定外が見つかるごとに、法律と計画を更新していく。

4、緊急時に運用できるよう訓練していく。

当たり前のことですが、平時の備えと訓練が大事ということです。

災害大国である日本は、災害対応の超先進国です。これからもしっかり備えを行っていくことを誓い、私は追悼式の会場を後にしました。

画像を見る

画像を見る

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    原則自宅療養の方針に橋下徹氏が懸念「国と地方で責任の押し付け合いがはじまる」

    橋下徹

    08月03日 21:37

  9. 9

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

  10. 10

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。